しめじの白いふわふわはカビ?腐る判断はどこで見る?

スポンサーリンク
食・ダイエット

この前スーパーに買い物に行ったとき、しめじを見てみるとしろーいカビみたいなものが・・・

なんだ??と思って、エエーッ、もしかしてカビ・・・。

不良品やないか?と思って調べてみたところ、実際には不良品ではなくきのこ類の特徴ともいえるカビでした。

キノコは食感はよくて、栄養も満点、カロリーも低カロリーなので言う事なし!

料理にキノコは欠かせないという人もいるほどの人気がある食材ですね。

今回はしめじの白いカビについて紹介します。

しめじはどういった状態が腐っている状態なのか、白いカビは本当に食べてもいいのかなど、しめじに関する疑問を一挙解決しちゃいましょう!

スポンサーリンク

しめじの頭にある白いふわふわはカビなの?

しめじの頭にある白いふわふわはカビなの?
普段スーパーなどに売ってあるしめじの状態では、白いカビが出ていない事が多いです。

冷蔵庫にしめじの使いかけを入れておいて数日たって、さあ使おう!と思った時にやわらかそうなモフモフした白いカビが発生している事があります。

「もうこのしめじカビてんじゃーん。アリエナーイ」と思ってゴミ箱にポイする人もいるようですが、

大きな間違いです!

 

しめじは白いカビみたいなものが表面に出てくることが一般的で、全く食べても問題ありません。

白いカビは「気中菌糸」と呼ばれる菌の一種になり、きのこはもともと菌糸体からきのこへと成長していきます。

成長していく段階で、きのこになっていくのですが、本来であれば途中で気中菌糸は働きをやめ、表には出てこなくなります。

しかしある一定の条件を満たすことで、気中菌糸が表に「ひょっこりはん」みたいにヒョコッと顔をだす事があります。

つまり気中菌糸もしめじの一部になるので、食べても全く問題ありません

どうしても表面のカビが気になる場合には、拭きとってやることできれいにとれますよ。

しめじの腐る判断はどこで見たらいいの?

ではしめじはどういった状態が腐った、食べられない状態なのでしょうか?

基本的にしめじが悪くなっている場合には、すぐわかるほどの酸っぱい感じの異臭がします。

このしめじ「くさっ!」と思ったときには、明らかに悪くなっていますので、食べた場合には量や体質によっては消化不良を起こしかねません。

しめじに異臭がしたり、ヌメリがあってベチャッとしている、明らかにおかしい汁が出ている場合にはすでに悪くなっていることが多いです。

いくらキノコが菌の種類だからといっても、そんな感じで悪くなっている場合はいろいろな菌が住むマンション状態になっていますので、口に入れるのは絶対にやめておきましょう。

あとからお腹が痛くなっても知りませんよ・・・。

しめじの保存方法は冷凍・冷蔵・常温どれ?

 

しめじの保存方法は冷凍・冷蔵・常温どれ?

 

しめじの保存方法【冷蔵保存の場合】

しめじの使いかけを保存する場合、石づきが付いている状態で野菜室に入れた場合、賞味期限は3日程度しか持ちません。

基本的に使いかけなんてそんなに長くは持ちませんよね。

未開封の場合には、しめじの袋に賞味期限が書いてありますが、約1週間程度になっています。

冷蔵庫で使いかけを保存する場合には、新聞紙に包んだ後ビニール袋に入れて保存すると少し長持ちします。

しめじの保存方法【冷凍保存の場合】

しめじは冷凍庫で保存する事もでき、石づきを取り除いて小分けにし、フリーザーバッグ等に入れて保存する事で長期保存ができます。

洗わずに保存するといいでしょう。

再度使う場合には、解凍しないで使うことをおすすめします。

しめじの保存方法【常温保存の場合】

基本的に未開封の場合には、常温保存でも構いません。

だってほら、スーパーなんかではどこに並べられていますか?

常温の場所に並べて販売されていますよね。

あまりにも気温が高い場所では難しいと思われますが、冷暗所などでは未開封のまま保存しておいても問題ありません。

【まとめ】しめじの白いふわふわはカビなの?

ここまでしめじの白いカビや保存方法について解説してきました。

もし今までしめじの白いモフモフしたのをカビだと思って捨てていたのであれば、もったいなかったですよね。

だって見た感じカビじゃんと思われる方もいると思いますが、それはきれいに拭くと取る事ができるカビです。

食べても問題ありませんし、お腹が痛くなったりもしません。

この記事が白いカビが原因でしめじを捨てている人に読んでもらえる事を期待します。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました