ジーンズのウエストを縮める超簡単な方法は?ジーンズがゆるめになる原因

ジーンズを履いてみたとき、なんだかウエストがちょっと緩いなと感じることありませんか?

買ったときはちょうどよかったのに、履いているうちにどうもサイズがしっくりこないなんてことありますよね。

体型が変わったのか、ジーンズそのものが変わってしまったのか…。

ウエストさえ調節できればまだ履けるのに!
そんな時に簡単に直せたらいいですよね。

そこで今回は、ジーンズのウエストを縮める簡単な方法をまとめてみましたのでご紹介しますね!

ジーンズのウエストを縮める(詰める)簡単な方法

ベルトを使う

一番簡単でオーソドックスな方法ですね。
もちろん一般的なベルトでも締め付けてウエストを固定する事が出来ますが、今回ご紹介するのはただのベルトではありません。

「楽々ゴムベルト」

こちらは、一般的なベルトと違いファスナー部分を塞がないところがポイント。

トイレに行く時もベルトをはずす手間も無く、バックルのボコっとした感じもないので付けている感じがしません。
ベルトの金具が煩わしいと感じる方にはおすすめです。

DIYで自分でリメイク

DIYで自分でリメイク

ミシンを使わずに家にあるものを使って自分で縮める方法です。
外側のベルト自体がいらない方は内側で調整が出来ますよ。

材料:ボタン2個 ゴム長めに1本

①ウエストの内側、左右対称の位置でボタンを2個縫いつけます。
②ボタンの外側の位置に切り込みを入れます。切り込みはほつれないようにかがりましょう。
③ゴムを輪っかにして切り込みから入れて左右のボタンに引っかければ完成です。

ゴムの締め付け具合はお好みで調整してください。
ゴム入りのジーンズに大変身です。

ボタンホールゴムを使うとよりしっかりとした仕上がりになりますよ。

後ろにブランドロゴなどのラベルが縫い付けられたものはゴムが通りませんのでご注意くださいね。

服のリフォーム店にお直しをお願いする

ジーンズのウエストを縮める方法として、一番間違いがなくサイズを直せるのはやはり洋服リフォーム店に出すことです。

でも調べてみると費用が3,000円~4,000円くらい、もっと高いところもあるようで、思い入れのあるジーンズならまだしも、お直し代としてはちょっと抵抗あるお値段ですよね。

ジーンズはベルトループ(ベルトを通すところの部品)があったり、ステッチがあったりして、ウエストを直そうと思うと非常に厄介なんです。

お金をかけてもどうしてもちゃんと直したいという方はリフォーム店にお願いしてみるといいですね!

洗濯する・乾燥機にかける

洗濯するとパリっと仕上がり、緩んだジーンズも元に戻ったように感じます。

ジーンズをきちんと履きたい時には洗濯したての物を履くという手もありますよ。

簡単ですが効果は一時的なものになります。

ジーンズのウエスト ゆるめになるのはなぜ?

「ジーンズのウエストが緩んだ!やったースリムになった!」と喜んでしまいそうですが、緩んだように感じるのは体型のせいだけではないんです。

実はジーンズは横に伸びやすく縦に縮みやすいという特性があります。

そもそもジーンズは動きやすく作られたカジュアルなズボンなので、動きに合わせて生地も馴染んでくるものです。

フィット感を重視するなら買う時に馴染む分も見極めて選ぶようにするといいですね。

特に安い量販のジーンズは「ウエストすぐ緩んじゃった―」という口コミを多く見かけます。

高ければ良いということもないですが安いジーンズは、もしかしたらすぐ緩んじゃうかもということを念頭に入れておくと良いでしょう。

ジーンズのウエストをゆるめる方法

ジーンズのウエストをゆるめる方法

ジーンズのウエストを緩めるということは基本、リフォーム店でもあまりやりません。

なぜなら服には縫い代があって、縮める分にはカットすればいいのですが広げるには限界があるからです。

なんとか自分で出来ないだろうか。

そこで思いついたのが、ボタン穴にゴムを引っかけて第二のボタンホールを作り出す方法です。

ファスナーは完全には閉まりませんが「それでもどうしてもこのジーンズを履きたいいんだ!」というときは、この方法をやってみてください。

ウエスト部分はトップスで隠しましょう。

まとめ

ジーンズのウエストを縮める方法、緩める方法をご紹介しました。

まだまだ履けるのに、ウエストのサイズが変わってしまうと気になって出番も遠のいてしまいがち。

でもお気に入りのジーンズなら長く履きたいですよね。

ジーンズは生地も厚い分、サイズ直しも難しいですが、身近なものや便利グッズを活用して、愛着を深めていってはいかがでしょうか!

タイトルとURLをコピーしました