小さいプランターで野菜を育てるコツとおススメ品種!ベランダや窓辺OK!

小さいプランターで野菜を育てるコツとおススメ品種!ベランダや窓辺OK!生活
スポンサーリンク

気軽に家庭菜園を始める時には、まずは小さいプランターから始めてみるのはいかがでしょう。

お庭が無くても、ベランダや窓辺でも始められるコツやお勧めの品種を私の経験もふまえてご紹介します。ぜひ、試してみて下さいね。

小さいプランターで野菜を育てるコツは?

スポンサーリンク

まずは、小さいプランターで育てるメリットとデメリットをご紹介します。

小さいプランターで育てるメリット

  • お庭が無くても小さなスペースから始められる。
  • 土を使う際にも、少しの土だけで足りる。
  • マンションやアパートでも始めやすい。
  • 無農薬野菜を作る事が出来る。
  • 新鮮な野菜が手に入る。
  • 野菜が育つ様子も観察できるので、食育になる。
  • 室内にグリーンがあるので、癒される。

小さいプランターで育てるデメリット

  • うまく育たない事がある。
  • 食べきれないほど育つ場合がある。

 

プランターで野菜を育てる場合の、メリットとデメリットを見ていかがでしょうか。

育てる時に失敗はつきものですが、まずは気軽に始めてみませんか。
ご自分で育てた野菜が食べられる喜びはひとしおです。

きっと美味しい野菜を作る事が出来ますよ。

育てたい野菜に合うプランターを用意する

プランターで育てる時に、日当たりや肥料、水やりなどが気になりますよね。

私の経験も踏まえると育てたい野菜に合うプランターを用意する事が大切です。

小さなプランターは用意する土も少なく手軽ですが、保水力が無く土の温度も変動しやすく、大きなプランターは保水力があるため、土の温度も変動しにくいです。

 

水やりは意外と与えすぎの場合が多いので、土の様子や野菜の成長具合を見て、夏場は1日に2回、それ以外は土が乾いたら与えるようにすれば大丈夫です。

また、野菜を育てる時に風通しが重要なので、植える間隔を開けるなど、間引きをして風が通るようにしてあげて下さいね。

今回は小さなプランターで簡単に、気軽に始められる野菜を紹介します。

小さいプランターで野菜を育てる場合のおススメ品種!

小さいプランターで野菜を育てる場合のおススメ品種!

それでは、早速おススメの品種をご紹介します。

特に季節ごとに育てやすい品種も合わせてご紹介しますので、是非、ご参考になさってくださいね。

小さいプランターでも育つ春植え野菜はコレ

春に苗を植えたり種を蒔くなら、春~夏に食べられるお野菜を育てるのがいいでしょう。

小さいプランターでも育つ春植え野菜『バジル』

私も育てているのがバジルです。

すぐに収穫する事が出来るので、すぐにピザやパスタのトッピングやカプレーゼを作る事が出来ます。

また、沢山育てば自家製のジェノベーゼを作る事も出来ますね。

育てる時の適温は25℃なので、気温や屋内の温度に気を付けて植えましょう。

茎の高さが20~30cmになったら収穫です。
園芸用のはさみで優しく摘み取って下さいね。

小さいプランターでも育つ春植え野菜『オクラ』

初心者でも育てやすいのでお勧めです。
オクラは意外なのが実の成り方です。

なんと、上向きに実が成るので育てるのが楽しい野菜ですよ。
花も咲くので、観賞用にも良いでしょう。

小さいプランターでも育つ春植え野菜『ミニトマト/トマト』

これは初心者には本当におオススメです。
とても簡単に育つので、上手に育てば収穫が間に合わなくなるほどです。

初めて育てる時には苗は1つだけにしましょう。
脇芽を摘むなど少し手を掛けますが、その過程も楽しいですよ。
水をあまり与えない方が、味が濃く育ちますよ。

小さいプランターでも育つ春植え野菜『胡瓜』

ツルが伸びるのである程度の高さの確保が必要ですが、1つの苗から沢山収穫が出来て、育てやすい野菜です。

夏の食卓にご自身で作った胡瓜が並ぶのは、とても楽しいです。

ベランダで育てれば、緑のカーテンにもなりますね。

 

小さいプランターでも育つ夏植え野菜はコレ

小さいプランターでも育つ夏植え野菜はコレ

夏に苗を植えたり種を蒔くなら、夏~秋に食べられるお野菜を育てるのがいいでしょう。

小さいプランターでも育つ夏植え野菜『春菊』

非常に育てやすい野菜です。
若い柔らかい葉は生のままサラダでも食べる事が出来るので、間引きをしたものを食べながら育てる事が出来ます。
キッチンや窓辺で育てて、必要な時にすぐに食卓へ並べられますね。

小さいプランターでも育つ夏植え野菜『大葉』

すぐに育ち、夏のお料理に使う事が出来ます。
上手に育つと大きくなるので、どんどん若い葉を食べる事が出来ます。
葉の香りも良いので、育てながら香りに癒されます。

小さいプランターでも育つ夏植え野菜『万能ねぎ』

苗を購入しなくとも、根が付いている万能ねぎを買ってきて根の所から3~5cmほど切り落とし、土に植えれば何度も収穫できる野菜です。
簡単に育つうえに、食卓に彩りを添えてくれるので、初心者向きの野菜です。
1年中育てる事が出来ますが、食卓に上がる頻度の高い夏に育てるのが良いでしょう。

小さいプランターでも育つ秋植え野菜はコレ

小さいプランターでも育つ秋植え野菜はコレ

秋に苗を植えたり種を蒔くなら、秋~冬に食べられるお野菜を育てるのがいいでしょう。

小さいプランターでも育つ秋植え野菜『いちご』

初心者がプランターで育てるのは少し難しいとも言われていますが、いちごを育てるならば寒さに当てたい秋がベストです。
冬の寒さに当てると春に花が咲いて実がなります。
窓辺の彩りにもなるので、観賞用としても良いですね。
1株だけ育てるならば、少し大きめの鉢でも代用できます。

小さいプランターでも育つ秋植え野菜『ホウレンソウ』

間引きをしたものを食べながら、大きく育てます。
採れたての柔らかい葉はお店で売っている味とはきっと違うでしょう。

広い場所を必要としないので、気軽に始められます。

小さいプランターでも育つ秋植え野菜『小カブ』

実も葉も食べる事が出来るので、育てるのが楽しい野菜です。
プランターでは通常のカブより小さい小カブを育てるのが向いています。

小さく収穫して、丸ごと調理もしても良いですね。
収穫までの期間も1カ月半~2カ月と短いので、すぐに食卓に並べる事が出来ます。

最後に

いかがだったでしょうか。

大きな野菜を本格的に育てる前に、小さく始めてみたり、お部屋のインテリアやキッチンガーデンにお野菜を気軽に育てると新鮮なお野菜も食べられる事が出来て、とても楽しいですよ。

それぞれの季節に合わせた、お野菜を育てて、収穫を楽しんでみて下さいね。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました