マヌカハニーは風邪予防や喉の痛みに効果!正しい摂り方や注意点とは

健康・美容

マヌカハニーは「風邪の引き始めで喉が痛い時に口にすると症状が和らいで、いつの間にか治ってしまっている」なんてこともよくある優れもの!

私もつい2.3日前に娘から喉の風邪をもらいましたが、マヌカハニーを使ってこじらせることなくソッコーで治しました!

薬に頼ることなく風邪を治す力があるって、素敵ですよね!

ここでは、

  • マヌカハニーが風邪予防になる理由
  • マヌカハニーの正しい摂り方
  • 摂取する時の注意点

をご紹介いたします。

これを読めば、「喉が痛くて声が出ない!!」なんてことが少なくなりますよ!

スポンサーリンク

マヌカハニーが風邪予防や喉の痛みに効果抜群の理由!

マヌカハニーがどうして風邪予防(特に喉!)になるのかというと、「免疫アップ効果」「強い殺菌効果」があるからです。

免疫アップ効果

栄養が豊富
マヌカハニーはティースプーン1杯摂取するだけで、ビタミンやミネラル、ビタミンCや葉酸などといった栄養素を沢山摂取することができます。

これは、通常のはちみつよりも栄養バランスが整っていることが分かっています。

そのため、風邪予防としてサプリメントや薬を飲むよりも体の中に豊富な栄養素を取り込むことができ、免疫アップをサポートします。

腸内環境を整える
また、腸内フローラに欠かせないビフィズス菌を増やす働きを期待することもできます。

腸内環境を整えればデトックス効果が高まります。すると体内毒素が少なくなって免疫もアップし、風邪も治りやすくなります。

強い殺菌効果

マヌカハニーには「メチルグリオキサール(MGO)」と呼ばれる成分が含まれています。

このメチルグリオキサールは、光や熱に負けることなく細菌への浸透していくことが特徴。

そのため、マヌカハニーを摂取するだけで喉以外の風邪予防にも繋がるのです。

マヌカハニーを風邪予防としての正しい摂り方!

マヌカハニーを風邪予防としての正しい摂り方!

マヌカハニーを摂取して風邪予防したい時には、1日3~4回程度こまめに体の中に取り入れることをおすすめします。

1回の量は大体5~15mlくらいにしておきましょう。
しっかりと予防したい時にはマヌカハニーをそのまま舐めるのもおすすめですよ!

効果的な食べるタイミング
風邪予防の効果を高めるための効果的な食べ方として、摂取する時間も気をつけてみるとより効果がアップします。

マヌカハニーを摂取する効果的なタイミングは、「食べる1時間前」と「就寝前」に摂取することです。
この2つの時間帯の摂取を心がけることで、「ピロリ菌や殺菌・消化不良にアプローチ」してくれることが研究結果から分かっているからです。

マヌカハニーを食べる時に注意することは?

マヌカハニーを食べる時に注意することは?

最後に、マヌカハニーを摂取する時には、4つのことに気をつけてください。

過剰摂取しない
副作用の報告もなく、カロリー低めのマヌカハニーですが、過剰摂取は糖分の取り過ぎになるので規定量を守って摂取するようにしましょう。

5歳未満は摂取しない
通常のはちみつだと、1歳未満の子供は摂取禁止とされていますね。
しかし、マヌカハニーは通常のはちみつよりも強力です。
そのため、5歳未満の子供に与えると体調に異変がある場合があります。

妊娠中や授乳中も摂取しない
デリケートな妊娠中・授乳中の方もマヌカハニーを摂取することで体調に異変がある場合があるので服用は避けてください。

熱い飲み物と一緒に摂取しない(溶かさない)
マヌカハニーの中に含まれる沢山の栄養素の中には、熱に弱い酵母や活性型ビタミンなども含まれています。
そのため、溶かして飲みたい時には50度以下の温度にしてから一緒に飲むようにしましょう。

マヌカハニーは風邪予防におススメ【まとめ】

マヌカハニーは喉の風邪以外にも様々な効能があることが分かりました!
一家に1つは常備しておきたいアイテムですね!

しかし、服用する上で注意すべき点もいくつかあります。
特に5歳未満・妊娠中・授乳中の方は服用しないように気をつけましょう。

健康・美容
スポンサーリンク
気になる気になる♪
タイトルとURLをコピーしました