歯ブラシの替え時は?最適な交換時期の目安と正しい保管方法とは!

歯ブラシの替え時は?最適な交換時期の目安と正しい保管方法とは! 健康・美容

皆さんは歯ブラシをどのくらいボロボロになるまで使ってますか?

それとも1か月に1本というペースで定期的に交換していますか?

個人差によって歯ブラシを交換する時期はいろいろだと思います。

今回は歯ブラシはどのくらいのペースで交換するのが適当なのか、歯ブラシの替え時の目安について解説しています。

歯ブラシは毎日1回以上使う人がほとんどなので、毎日使っていると交換時期についてはわかりにくいですよね。

この記事では歯ブラシの替え時は今でしょ!という感じで歯ブラシの正しい保管方法とともに解説しています。

スポンサーリンク

歯ブラシの替え時はいつ?最適な交換時期の目安について

歯ブラシの替え時はいつ?最適な交換時期の目安について

歯ブラシは使っていくたびに段々と毛が斜めになってきて、最終的には広がってしまいますよね。

歯を磨く際の力の入れ具合で、広がるまでの時間は違っても、最終的には歯ブラシの毛が歯に当たらなくなってしまいます。

そうなってしまうときちんとした歯磨きをする事ができずに、虫歯の原因や口臭の原因となってしまいます。

それではどの時期で歯ブラシを交換するのが最もいいのでしょうか?

歯磨きを1日にする回数には個人差がありますが、多くの人は1日2回もしくは3回以上磨いているでしょう。

仮に1日3回歯磨きをした場合には、歯ブラシの寿命は1か月、約30日と言われています。

今までの感覚からすると短いと思われるかも知れませんが、約30日経った時点では徐々に毛先が広がり始めているはずです。

歯ブラシの替え時の最適なタイミングとは、毛先が広がり始めた時と考えたらわかりやすいでしょう。

しかも歯ブラシは1回使うたびに細菌が増えていっています。

よほどきれいに洗浄しない限りは、次の日も若干の汚れが付いています。

同じ歯ブラシを長い時間使うことで汚れだけではなく、口の中の病気になるリスクも含んでいますので、歯ブラシはできるだけ短い期間で交換する事をおすすめします。

歯ブラシの正しい保管方法とは

歯ブラシの正しい保管方法とは

歯ブラシには、きれいに洗ったとしても口の中を掃除した後の雑菌がたくさんついています。

雑菌を繁殖させる原因としては、濡れたまま下に寝せて保管、密室に保管するなど、乾燥しない事が原因となっています。

歯ブラシの正しい保管方法とは、コップなどでもいいですが、毛の部分を上に向けて保管する事が重要です。

何よりもきちんと乾燥させて保管すること

歯ブラシを長持ちさせるにはこれが重要なポイントですね!

歯科医も歯科衛生士もおススメする歯ブラシ【タフト24】コスパ最強!

オーラルケア株式会社から販売されているタフト24。

普通歯ブラシは3種類のサイズしか用意されていないのに対して、タフト24はなんと6種類のサイズがよういされています。

それだけ口のサイズにあった歯ブラシを選ぶことができるといってもいいですね!

タフト24をおすすめする理由としては、本来歯磨きをする場合に、口の中を傷つけてしまうことはよくあること。

タフト24は毛の材質などで、口腔内を傷つけずにきちんと歯磨きができることをモットーとしています。

プラークをきちんと掻き出す毛の造り、清掃効果を高める毛の密度など、まさに歯ブラシをきちんとしたい人向けに作られた商品ですね!

1本あたり100円ちょっとと、コスパ的にもすごくいい商品で、中には10本セットなどでも販売されています。

歯ブラシの替え時と最適な交換目安についてのまとめ

ここまで、歯ブラシの最適な替え時と最適な交換時期の目安について解説してきました。

歯ブラシの交換をきちんとすることは歯の健康の維持に繋がります。

結果的に歯医者に行く回数、つまり時間とお金がかからないことに直結します。

私も定期的な歯ブラシの交換をして、虫歯ができないように努めたいものです。

タイトルとURLをコピーしました