【雨の日ほど花粉症がひどいは間違い?】その原因や症状、対策とは!

【雨の日ほど花粉症がひどいは間違い?】その原因や症状、対策とは!健康・美容
スポンサーリンク

花粉症の人はわかると思いますが、花粉症はものすごくツラいですよね。

アレルギーを持っている花粉は人それぞれですが、決まった時期になると必ず鼻水がダラダラ、目がカユカユ…

物事に集中できないほど超ツラいです!

なぜ私だけがこんな目に…花粉症を持っていない人がうらやましい!

今回は雨の日は花粉症がなぜひどいのかについて考えてみました。

イメージ的には花粉は飛んでいなさそうなのに、どうして症状がひどくなるのでしょうか?

雨の日ほど花粉症がひどい?原因について

雨の日ほど花粉症がひどい?原因について

雨の日に花粉症がひどい原因というのは、単純に雨が降ることによって花粉が下に降りてくるからです。

それと同時に低気圧になるため、かゆみを引き起こすヒスタミンという原因物質が多く分泌されます。

でもどうして雨の日に花粉が下に降りてくるのかという事ですが、よくコマーシャルで黄色い花粉が飛んでいくシーンを目にしますよね。

花粉というのは、雨には溶けるような性質ではないので、雨が降った時には雨に負けて地面に落ちてしまいます。

つまり雨が降ったからといって花粉が葉にくっついたままになるわけではなく、花粉が地面に落ちるため花粉を大量に吸う事になります。

通常より多い花粉を体に取り込むのであれば、症状としてはひどくなり、花粉症の症状がひどくなるのは当たり前ですね。

イメージとして雨の日は花粉が飛ばないので、花粉が葉についたままになり、花粉症の症状が抑えられると考えがちですが、実際は真逆でより花粉症の症状がひどいといえますね。

もしくはただ単純に花粉以外のアレルギーに対して症状が出ているのかもわかりませんが・・・。

スポンサーリンク

雨の日ほど花粉症がひどい?症状について

 

雨の日は気圧が下がるため、ヒスタミンという物質が多く生成されます。

ヒスタミン??なんだそれは?

ヒスタミンというのは、体にかゆみなどを引き起こす物質で、時には「マスト細胞とくっついてしまう物質」と呼ばれる場合もあります。

ヒスタミンはマスト細胞(肥満細胞)と連結する事で初めてかゆみやくしゃみなどの症状を発生するので、花粉症などの薬は、これらをくっつけないようにしています。

雨の日は気圧が下がり、通常よりもかゆみ等を多く発生させる物質が発生するため、かゆみも通常よりも強くなります。

雨の日ほど花粉症がひどい?2つの対策方法

雨の日ほど花粉症がひどい?2つの対策方法

ここでは、雨の日の花粉症対策としてどのようなものがあるのか、すこしですが紹介していきます。

晴れた日同様に対策する

雨が降っているからといっても、晴れた日と同様に薬も飲めば、ゴーグルやマスクを着用することが大事です。

ましてや雨の日の花粉症はひどいので、いつもよりもさらに対策することです。

ゴーグルをつけていない人は着けて、マスクをしていなかった人はマスクを着けるなど。

普段やっていない花粉症の対策は意外と多いものですよ。

花粉を屋内に持ち込まない

雨の日の花粉症がひどい理由として、花粉が下に降りてくることを説明しましたが、屋内に入るときも同じ量の花粉を持ち込んでいることになります。

屋内に入るときはきちんと花粉を落としてから入るようにしましょう。

そうしないと家の中でもさらに花粉症の症状がひどく出てしまうかもわかりませんね。

雨の日の花粉症まとめ

ここまで雨の日が花粉症がひどい理由について説明してきましたが、お分かりいただけましたか?

一見花粉症の症状が軽く見える雨の日がひどいというのは意外でしたね。

見た感じ軽そうな物でも持ってみたら意外と重いという、そんな感じに似ていませんか?

雨の日が晴れた日よりも花粉症対策をしないといけないことは、多くの花粉症の人が忘れがちです。

でも何よりも早く花粉の時期が終わってくれないかなぁ…

ただそれを願うばかりですね。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました