6歳児の反抗期!特徴や症状、賢い接し方やイライラを乗り切るコツ!

6歳の反抗期!特徴や症状、賢い接し方やイライラを乗り切るコツ!子供・育児
スポンサーリンク

幼稚園まではかわいい子供だったはずなのに、6歳になって小学校に入学したらどんどん反抗的になってきた!

こういう時、親としては「私の育て方が悪かったのかな?」なんて心配になりますね。

しかし、これは6歳になって反抗期が来た証拠。順調に成長している証なのです!

でも、反抗期なら反抗期なりに、上手く子供と接していきたいもの。

ここでは、そんな反抗期の子供に対する接し方をご紹介します。これを読めば、きっとあなたの心も軽くなるはず!

6歳児の子供の厄介な第一次反抗期、特徴や症状は?

スポンサーリンク

 

中間反抗期と呼ばれる6歳は、学校という場に身を置くことで多くの人との関わりを勉強します。

すると、自分の親の矛盾点が見えてきたりします。これが、反抗期の始まり。

 

6歳児の反抗期の特徴や症状

  • 親が何かいうと口答えする
  • 甘えてくる時もある
  • 親が手伝うことを拒否する
  • 乱暴な言葉を使いたがる
  • 今まで怒らなかったことでも怒るようになる
  • 話しかけても応えてくれない

まだまだ、中学校でやってくる最大の反抗期、第2次反抗期に比べるとかわいいのが特徴。

甘えてくる時は特に夜!まだまだお母さんと一緒に寝ないと寂しくて寝られず、隣の布団に入ればしっかり甘えてきます。

では、どんな時に反抗的になりやすいのかというと、小学校などで刺激を受けて帰ってきたり、友達と遊んだ直後など。

  • 親「宿題やった?」
  • 子供「もーうるさいなぁ」
  • 親「宿題やってから遊びにいきなよ」
  • 子供「・・・・・・(無視)」

みたいなこと、よくあるものです。そんな6歳の反抗期。性別でも特徴があります。

男の子は暴力的になりやすい

女の子に比べて言葉が達者じゃない男の子は、自分の感情を抑えきれなくなると口ではなく暴力になりやすいです。

無言で睨み付けながら物を投げてみたり、障子に穴を開けてみたりします。

その時の大人の反応を見ていて、自分の中で「これをしたら親はこうした」と愛情を確認していたりもします。

また、身体を使っての暴力以外にも、人を傷つけるような言葉の暴力も増えてきます。

女の子は無視か口答え

一方、女の子の場合は口が達者なので、親が5言えば10くらいになって返ってきます。

この頃では、女の子のほうが言語能力が高いと言われているので、ママを困らせる返事が増えますね。

また、口答えとは逆に無言でどこかに隠れることも多いのが女の子の特徴です。

外ではいい子なのに、家ではわがまま言い放題で、親はどう接していいのか分からなくなります^^

6歳の反抗期の子にとってママの賢い接し方

6歳の反抗期の子にとってママの賢い接し方

中間反抗期が来ると、親もついつい口が悪くなってしまいがちです。

だって、注意しても口答えしたら腹立ちますよね!

しかし、ここで親まで感情をむき出しにしてしまっては、その後の親子関係もギクシャクしてしまいます。

 

大事なことは、反抗している子供にも愛情を与えることを忘れないことです。

子供が反抗ばかりしていると、こちらも冷たく接してしまいがちですよね。

しかし、6歳の子供は、「愛情を今、与えてもらえなかった」と分かると、更に傷つき反抗します。

だから、反抗的な子供と向き合う時にも「あなたへの愛情はちゃんとある」ことを表現しながら接するようにしましょう。

子供への接し方

  • 子供が反抗してきてもちゃんと目を見て言い分を聞く
  • 子供が甘えてきた時にはしっかりと甘えさせてあげる
  • 親として言わなければいけないことは、1対1でしっかり話す
  • 感情をむき出しにしない
  • 子供に合わせて無視はしない
  • 命令口調をしない

 

最後の「命令口調をしない」は、6歳の子供を持つ親がやってしまいがちなことです。

「早く学校の用意しなさい!」ってイライラしちゃいますよね。

しかし、これでは子供も反抗するだけです。

言い方を変えて「学校の用意、自分でできるようにしていこうか」と子供が前向きになれるような言葉を使いましょう。

6歳頃の反抗期、ママのイライラを乗り切るコツ!

反抗期でイライラすると、「こんな風に子育てしたい訳じゃないのに」って更に悲しくなりますよね。

ママがイライラしては子供にも悪影響です。

すぐ叩いてしまう子の特徴は、なにかカチンとくることがあると頭に血が上り見境がつかなくなります。

そんな時は、「叩いたらダメでしょ!」と強く注意するのではなく、どうして叩いてしまったのかを優しく聞いてみましょう。

彼なりの理由がありますので、その理由くみ取ってあげましょう。

 

ママは笑顔が一番!では、どうやったらママはこの反抗期のイライラを上手く乗り越えられるのでしょうか?

それは、子供が反抗してきてもありがたいと思う気持ちを忘れないことです。

”この子は今、反抗期なんだ。よかった、反抗期がちゃんと来て。正常に育ってくれているんだ”と思いましょう。

この気持ちがあれば、反抗期で無視されても口答えされてもきっと上手くイライラを乗り越えられるはずです。

6歳の中間反抗期のまとめ

6歳の中間反抗期は成長の証です。

大事なことは、順調に成長していることに感謝するということ。

親としては腹立つことばかりですが、ちゃんと愛情を持って子供に接するようにしましょう。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました