3歳の誕生日喜ぶご飯はアンパンマン?電車?お祝いで注意することは?

3歳の誕生日喜ぶご飯はアンパンマン?電車?お祝いで注意することは? 子供・育児
スポンサーリンク

こんにちは!
育児中のシミを何とかしたいmikarinです。

3歳まで大きくなってくれた!

親として、子供の成長はどんなイベントよりも嬉しいものです。

そんな3歳の誕生日ご飯は、やっぱりアンパンマンや電車など子供が夢中になっているものから作りたいですね。

この記事では、

  • 3歳の誕生日ご飯が子供の好きなテーマやキャラクターになる理由
  • 真似したくなる誕生日ご飯を写真でご紹介
  • 誕生日のお祝いを外食にする時の注意点

をご紹介いたします。

これを読めば、3歳の誕生日祝いがもっと思い出深いものになりますよ!

3歳の誕生日に喜ぶご飯、アンパンマンや電車の理由とは

スポンサーリンク

2歳までは、「○○のケーキがいい!!」なんて注文しなかったのに、3歳になったら「○○のケーキにして!!」と注文が入ること、よくありますね。

男の子なら「アンパンマン」「電車」「戦隊のキャラクター」が王道。

女の子なら「アンパンマン」「プリンセス」「ディズニーorサンリオキャラクター」が王道。

でも、どうして3歳になるとキャラクター思考のご飯を欲しがるのか?

3歳はあこがれが始まる時期

3歳になると、「自分もこうなりたい!」というあこがれを持ち始めます。

例えば、「アンパンマンみたいに強くなりたい!」とか「プリンセスみたいにかわいくなりたい!」などです。

そのため、自分が大好きなキャラクターがテレビなどに出てくると、一気にテンションが上がってそのキャラクターになりきります。

憧れるキャラクターは心の基地

2歳までの心の基地は、「親」「柔らかいもの」です。

柔らかいものとは、フワフワのタオルなどです。

母親から離れなくてはいけない間、2歳までの子供は安心するために「柔らかいもの」をつかんでいることが多いです。

しかし、3歳になると安心するアイテムが「親」や「柔らかいもの」から「自分が憧れているもの」へと変化します。

“アンパンマンの人形を持っていると嬉しい!安心する!”となるので、キャラクターを手放さなくなったり、お弁当セットなども全て同じキャラクターで揃えようとします。

3歳の誕生日ご飯をご紹介!

でも、アンパンマンや電車、プリンセスのお祝いご飯なんてどう作ったらいいのか分からなくないですか?

ここでは、思わず真似したくなる、子供が喜びそうなお祝いご飯をツイッターから集めてみました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

どれも、すごく可愛いし彩り豊かですね!

誕生日のお祝いをどうしようか悩んでいる時には、参考にさせていただきたいですね!

3歳の誕生日祝いを外食にする時の注意点

3歳になると、お昼寝もしなくなる子供が多くなるため、お祝いを外食にしてみようと思う人も多いです。

確かに3歳は我慢もできるようになる時期なので外食しやすくなりますが、注意することが3点あります。

子供から目を離さない

3歳の外食でよく親を困らせることに「呼び出しボタンを押してしまう」ということがあります。

好奇心旺盛で、まだ外食に慣れていない子供は呼び出しボタンを押したくてたまりません。

また、食べ終われば席を立って遊びに行こうとするときもあります。

他のお客さまに迷惑がかからないように、いつも以上に目を離さないようにしましょう

混んでいる時間帯は避ける

まだまだ大声が出てしまう3歳。

大人が食べ終わるまでゆっくり席で我慢していることは難しいです。

そのため、混み合う時間帯にお祝いの予約をしてしまうと、自分達も他のお客さまにも迷惑がかかり、落ち着いて食べることができません。

許容範囲内で、混雑を避けた時間を予約しましょう。

キッズスペースかすぐに席を外せるお店を選ぶ

子供がぐずった時、キッズスペースがあると安心です。

また、すぐに席を外せる位置で食事すれば子供が泣きわめいてもお店中の迷惑になることはありません。

3歳の誕生日に喜ぶご飯~まとめ~

3歳は、好きなキャラクターに憧れを持つ時期です。

また、そんな憧れるキャラクターが3歳の子供の安心材料でもあります。

子供が1度は好きになるアンパンマンでお祝いをすれば、とびっきりの笑顔で喜んでくれそうですね!

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました