3歳までにやるべきこと!3歳までに経験しておいた方がいいこととは?

「三つ子の魂百まで」ということわざがあるように、育児において3歳までの時期は非常に重要だといわれています。

これは3歳までに脳の80%が成長するため、この時期に形成された性格や思考がその後の人生に大きく影響すると考えられているからです。

なんだかそんな風に言われると責任重大で怖くなってしまいそうですが、実はこの時期に子供に経験させるべきことは難しいことはありません。

3歳までの大切な時期に子供に何をしてあげればいいのか、何をさせればいいのかについてご紹介しますね。

3歳までにママやパパがやるべきこととは?

3歳までの小さいうちは、子供の自己肯定感を育むことがとても大切だといわれています。

自己肯定感の強い子供は大人になってからも自分や他人を大切にすることができ、良好な人間関係を築くことができるからです。

自己肯定感とは「自分は愛されている」「ほかの人から必要とされている」という思いですね。

小さい子供がその実感を一番簡単に得る方法は抱っこです。

一昔前までは「抱っこばかりすると抱き癖がつくのでよくない」と言われていたこともありましたが、そんなことはありません。

子供は抱っこされたりぎゅっと抱きしめられることで安心し、情緒が安定するようになるのです。

ただ、たまに自分で動き回るのが大好きであまり抱っこされるのが好きではない子供もいます。

そんな子にはくすぐりあいっこや体を使った触れあい遊びなど別の方法でスキンシップをしてみてください。

それだけでも十分子供の心は満たされます^^

また、この時期の子供は真っ白な状態であるので親の行動や考え方がそのまま影響します。

子供の前ではネガティブな言動は控えて、なるべくポジティブな面を見せるようにしたいですね。

子供の可能性を広げるために3歳までに経験させておきたいこととは?

3歳までにやるべきこと!3歳までに経験しておいた方がいいこととは?

公園などの手軽な運動

親子でたっぷりスキンシップをとること以外で3歳までに経験させた方がいいことはズバリ運動です。

運動といっても体操教室やスイミングに通わせるというのではなく、お天気がいい日にお散歩や公園に連れて行くなど簡単なことでいいのです。

自分の足でしっかり歩き、いつもより足を高く上げて段差を上り下りするだけで小さい子にとっては立派な運動です。

そうして自分の思った通りに体を動かすことが脳に刺激を与えるのです。

お散歩の途中で目に入ったものについてお話してあげるのもいいですね。

「まだ話せないから説明してもわからないだろう」と思ってしまうかもしれませんが、小さい子供は好奇心旺盛でいろんなものに興味を持っています。

最初は反応が少ないかもしれませんが、お話を繰り返していくうちにその子の好きなものがきっと見つかるはずです。

好きなことを存分やらせる

また、運動以外でも子供が夢中になっていることを思う存分やらせてあげることで集中力が身につくようになります。

お絵描きでもお砂遊びでも何でもいいのです。

ここで集中して遊んだ経験は大きくなってからの集中力にも大きくかかわってきます。

危険なことがあればもちろん止めるべきなのですが、「失敗しないように」と必要以上に口を出してしまうのはよくありません。

子供は失敗やうまくいかない経験からも多くのことを学びます。

どうしても子供だけではできないときにも代わりに全部やってあげるのではなく、一緒にやってみたり途中まで手助けをしてあげるといいですよ。

「自分でこれができた」という成功体験を積み重ねていくことで子供の可能性はどんどん広がっていきます。

最後に

いかがだったでしょうか?

「3歳までの育て方が大事!」といわれると、いわゆる早期教育のようなものをした方がいいのか…と不安になってしまいますが、そうではありません。

3歳までにやるべきことは、あなたが子供と一緒にいろんなことを経験し、たくさんほめてスキンシップをとってあげることが一番大切なことなのです。

子供はみんな無限の可能性を持っています。

お子さんが大きくなって何かにチャレンジしようと思った時に、自信をもって挑戦できるように今からたっぷり愛情を注いであげましょう^^

タイトルとURLをコピーしました