キッチンにゴミ箱を置かない!おすすめすっきり対策法3つで臭いもなし

料理をしていれば必ずゴミが出るので、キッチンには当然ごみ箱を置いているという方が多いと思います。

キッチンのスペースは限られているし物もたくさんあってゴチャゴチャしがちだから本当は置きたくない、でも置かなかったらゴミをどうしたらいいのかわからない…と悩んでいませんか?

ゴミ箱を置かないすっきりしたキッチンで過ごすことはできるのでしょうか?

その場合出たゴミはどうすればいいのでしょう?

今回はキッチンにゴミ箱を置かないメリットと、置かない場合はどうしたらいいのかをお話していきます。

キッチンにゴミ箱を置かない場合のおすすめ対策方法3つ

キッチンにゴミ箱を置かなくても、ゴミは必ず出ます。

すっきりキッチンをキープしつつゴミを処理するにはどうしたらいいのかを3つお話しします。

1、 ゴミ袋はフックやホルダーを使って固定する

シンクの作業スペースに置くもの、扉に引っ掛けるもの、壁につけるものなど、袋を固定するホルダーは100円ショップやホームセンターなどでたくさん売られています。

軽いゴミなら突っ張り棒にS字フックをつけてそこに袋をかけてもいいでしょう。

調理の時などに出たゴミをそこに入れ、その都度捨てるようにすればいつもすっきりした状態を保てます。

2、 腐りやすい生ごみは冷凍庫へ

生ごみの中でも置いておくと厄介なのが魚の内臓や鶏肉の皮などの腐りやすいものですよね。

そういったものは調理した後すぐに紙に包んで、袋に入れて冷凍してしまいましょう。

ゴミ回収の朝に取り出して凍ったまま出してしまえばOKです。

夏場は野菜の皮なんかも広告や新聞紙に包んでから捨てるといいですよ。

3、 回収までのゴミはベランダや勝手口に

この投稿をInstagramで見る

ユーカリ木材専門エコウッド景観協同組合(@ecowoodorjp)がシェアした投稿

24時間いつでもゴミを出すことができるマンションもありますが、多くのマンションや一戸建てのお宅では自治体の回収日までは家にゴミを置いておかなければなりません。

その場合はベランダや勝手口に大きめのゴミ箱を置いておけば臭いや虫も入りませんし、家の中からでもサッと捨てられるので手間もかかりません。

キッチンにゴミ箱を置かないメリットは?

キッチンにゴミ箱を置かないメリットは2つあります。

1、見た目がすっきりしてキッチンを広く使える

見た目がすっきりしてキッチンを広く使える

燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミなど生活していく中で必要なゴミ箱はひとつではありません。

限られたキッチンのスペース内で何種類もゴミ箱を置くとなるとどうしても棚や引き出しの前に置くことになってしまい、調理や掃除のときにいちいち動かさなくてはならず面倒です。

また、キッチンは水や油がはねて意外に汚れやすい場所でもあります。

キッチンにゴミ箱を置いていたらゴミ箱自体が汚れてしまい定期的に洗う必要がありますが、置いていなければその手間はいりません。

床に何もなければ掃除が楽なので、広々としたきれいなキッチンをキープすることが出来ます。

2、臭いや虫の発生が抑えられる

臭いや虫の発生が抑えられる

特に夏場は生ゴミを捨てるとどうしても匂いが発生してしまい、それと同時にゴミ箱の周りを小さな虫が飛んでいる…ということになりがちです。

最近はキッチンとリビングやダイニングがつながっているお宅が多いので、当然そちらにも臭いや虫は飛んでいってしまいます。

ゴミ箱がなければこれらはそもそも発生しないので、悩まされることはなくなります。

最後に

いかがだったでしょうか?

キッチンにゴミ箱を置かなくても何とかなりそうと思っていただけたのではないでしょうか。

以前は私もキッチンにはゴミ箱を置くものだと思っていましたが、数年前に引越しをしてキッチンが狭くなってしまったことをきっかけに大きなゴミ箱はベランダへ移動してみました。

移動する前は毎回ベランダにゴミを捨てに行くのは面倒なのではないかと思っていたのですが、思っていたほどの手間ではありませんでした。

それよりも部屋の中で生ゴミ特有の臭いがしなくなったこと、キッチンでの物の出し入れが楽になったことのメリットの方がはるかに大きいと感じています。

あなたもゴミ箱を置かないすっきりしたキッチンにしてみませんか?

タイトルとURLをコピーしました