収納が少ない家の工夫は?狭い部屋の収納や片付けのアイデア5選!

新生活準備に新居の引っ越しを終わらせて、片付けるときに収納が足りない!と思いませんか?

特に賃貸物件に住まれる方は、家に収納が少ないのが普通だと思います。

また、ご家族の成長に合わせて、片づけに困っている方もいらっしゃるかと思います。

片づけるのは分かっているけれど、収納スペースが足りない。
できれば、おしゃれな雰囲気は残したい。
そう思いませんか?

そんなときは、今回紹介する工夫ですっきりおしゃれに片づけてください!

収納が全くない部屋や収納が狭い家の工夫!アイデア5選!

私自身、初めての一人暮らしで、賃貸物件に住んだときは、脱衣所に棚が1つ付いていただけでした。

そこは洗剤を置くだけで埋まってしまうので、収納に困った経験がありました。

収納が全くないお部屋や収納の少ないお部屋だと、どうしてもお部屋が物であふれてしまいます。

そうすると、ゴチャゴチャした印象になり、落ち着かないお部屋になりがちです。

せっかくの空間ですから、あなたの趣味に合ったお部屋にしたいですよね?

今から収納スペースを生み出すアイデアを今から紹介したいと思います。

1.よく使うものは出してしまう(収納しない)

まずは、収納する前に、必要なものは出しておくということをおすすめします。
そこで、毎日のように使うものを確認しましょう。

というのも、むしろ収納スペースを使わない方が良いものがあるからです。

例えば、バックやスーツ、冬ならコートなどです。
これらは、帰ってきて、いったんソファなどに置いてませんか?
これらのものを床などに置かないだけで部屋が随分きれいに見えます。

では、これらのものはどのような所に置きましょうか?

おすすめなのが、外に出したハンガーラックにそのままかけてしまう方法です。

こうすることで、脱ぎっぱなし防止になります。
一度、脱いでしまったものを片付けることの億劫なことと言えば、この上ないですよね。

気持ちも楽になりますし、ラックにかけることで収納スペースが少なく済みます。
ただし、この方法はラックを利用するため利用には限りがあります。
そのため、よく使うものを十分選別する必要があります。

2.つっぱり棒の活用方法!つっぱり棒+目隠し布で棚を作る。

ここからは、つっぱり棒を活用した方法をご紹介します。
まず提案したいのは、収納スペースをDIYする方法です。

ずばり、部屋の隅をつっぱり棒と目隠し布で収納スペースを作ります!

こうすることで、収納スペースを作ることができます。加えて、布を明るい色にすることで、部屋を広く見せる効果もあります。

布もカーテンを利用するのがベターだと思います。
カーテンだと、つっぱり棒を通すための穴がついているものを選ぶと、棚作りが簡単にできます。

3.つっぱり棒の活用方法1 つっぱり棒+シューズキーパーで靴の収納へ!

次に、収納がほしいのは玄関ではありませんか?

中でも、靴は意外と数も増えていく傾向にあると思います。
スーツで勤務している方でしたら、革靴でも2~3足あるというケースも珍しくはありません。

そこでおすすめなのが、つっぱり棒にシューズキーパーを吊るしてしまうやり方です。
こうすることで、靴の収納スペースが作れるだけでなく、シューズキーパーで型崩れも防げます。

また、つっぱり棒で場所を確保するため、狭い玄関回りでも大げさな大きさにならないのもメリットです。

ただ、このやり方で注意したいのは、靴の泥が落ちてしまうという点です。
この方法は、玄関回りを利用するかと思いますが、泥が落ちて玄関回りが汚れてしまいます。

対策としては、あらかじめ、収納スペースの下に泥除けの布を敷いておきましょう!
靴の多い女性の方でも、3段ほど作れば20足ほど置けると思うので、ぜひご活用ください。

4.つっぱり棒の活用方法2 つっぱり棒+デッドスペースで洗剤やタオル置き場を作ってしまう!

洗濯機周りは、意外と荷物が増えるものです。
そこで、洗濯機の上のスペースを利用して、タオル置き場や洗剤のストックを作ってしまいましょう!

こうすることで、洗濯機周りのデッドスペースを活用することになります。
通常、洗濯機は洗面台の近くにあることが多いものです。

タオルを利用する場面の近くに置いておけるので、収納の手間も省くことができます。
この場合は、細めのつっぱり棒を数本利用して並べて使用すると、タオルなどの落下防止にもなりますよ!

5.シェアリングサービスを利用して持たない

少し方向性が変わりますが、「そもそも持たない」というのも、収納が少ないときには有効です。
この際、めったに使わないものについては、思い切って断捨離をしてしまいましょう!

具体的には、結婚式用に買った靴や引っ越ししてすぐにDIYするために買うつもりの工具など、そのときは必要かもしれませんが、使用した後はどうでしょうか?

しばらく使わないか、もしかしたらもう使うことがないかもしれません。
そういったものを持っているとただでさえ少ない収納スペースです。物があふれかえってしまいます。

そもそも、収納は何のために必要だったのか考えなおしましょう。

すっきりとした空間を作るためでしたよね?
シェアリングサービスを活用すると、そもそもものを持たないことで収納が必要なくなります。

自然とすっきりとした生活が送れます。
シェアリングサービスの特徴は、レンタル用品を使用することになります。
そのため、数回の使用しか利用しない場合は、出費を抑えることにもなります。

さいごに

いかがでしたか?
収納方法という点では、つっぱり棒を活用して意外と収納スペースが確保できることを紹介しました。

また、ハンガーラックやシェアリングサービスを使って、そもそも収納しない方法もありましたね。

少しのアイデアで部屋をすっきりとすることができることをお伝えできたかと思います。

収納スペースがない、もしくは足りないというのは、どうしても生活していくと起こるものです。

そんなときは、ぜひ今回紹介した方法を試してみてください!

タイトルとURLをコピーしました