ジャケットのたたみ方!旅行や出張でスーツケース収納時の失敗しない方法

ジャケットのたたみ方!旅行や出張でスーツケース収納時の失敗しない方法生活
スポンサーリンク

こんにちは、育児中のシミを何とかしたいmikarinです。

スーツケースの中にジャケットをたたんで入れる時、どうやったらシワにならないのかと疑問に思いませんか?

旅行や出張でジャケットを持っていく時には、シワにならないように正しくたたまないと、着る時に恥ずかしい思いをしますね。

本記事では、

  • ジャケットの正しいたたみ方
  • スーツケースに収納する時の失敗しない方法
  • シワになりにくいジャケット

をご紹介いたします。

これを読めば、身なりのきちんとした仕事のできるカッコイイ人と思われること間違いなし!

ジャケットの正しいたたみ方のポイント

スポンサーリンク

ジャケットのたたみ方というと、半分に折ってクルクルッと丸めてしまうという人も多いのではないでしょうか?

でも、半分にたたむ時にも向きがあるんです。

ポイントを押さえつつ、正しいジャケットのたたみ方を見てみましょう。

ジャケットのたたみ方

  1. ジャケットの内側に肩の部分まで左右の両手をいれる
  2. それぞれの肩山を合わせる(縫い目が合うようにしてください)
  3. 内側からつまむようにしながら、片手に持ち替える(もう片方はフリー)
  4. つまんでいる部分を持ったまま、クルッと裏返す(ジャケットの内側が表に来ます)
  5. 襟を立ててシワを伸ばす
  6. 空いている手で前たても揃える
  7. ジャケットを前後に返し、背中心と前たての縫い目を揃える
  8. 腕で真ん中の目安をつけて半分にたたむ
  9. ズレを微調整して完成

こちらの動画が参考になります。

ジャケットのたたみ方「外出先で使えるテクニック」

スーツケース収納時の失敗しない方法

EVL-3.0 『スーツ収納』

旅行や出張に行ったら、スーツケースに収納したスーツがしわだらけに寄っていたということもありますね。

スーツケースに収納する時に、できるだけシワにならないようにするポイントは2つ

  • 折り目は最小限にする
  • 挟むようにして入れる

折り目は最小限にする

スーツケースにジャケットを入れる時には、腕の部分を内側に倒したら、後は半分に折るだけにします。ハンガーはかけたままでOK。

挟むようにして入れる

ジャケットは、内側のベルトをしめた上に置くようにします。
つまり、スーツケースをロックする時にジャケットが挟まれるように置きます
ポイントは、スーツケースの中身が動かないようにしっかりスーツケースの中を埋めておくことです。

スーツケースから出したら

旅行や出張先のホテルに到着したら、お風呂場に吊りかけておくとしわが伸びやすいです。
この時、霧吹きをかけたり、バスタブにお湯を少しはっておきましょう
浴槽の水蒸気で、ジャケットを着用する時にはしわが気にならないくらいに伸びています。

しわになりにくいジャケットを選ぶのもポイント

スーツケースに入れて持ち運びをすると、どうしてもシワになってしまうんですよね。

旅行や出張が度々ある人は、しわになりにくいジャケットを選ぶのも、シワ予防には効果的です。

シワになりにくい素材は何があるでしょうか?

ナイロン

弾力性が少しあるのでしわになりにくいです。乾きやすいという特徴もあります。

ポリエステル

しわになりにくいスーツの中でもよくある素材がポリエステル。ポリエステル100%のものやウール・ポリエステル混紡素材はおすすめです。

ジャージ素材

仕事関係ではあまり着用することはできないことも多いジャージ素材ですが、質感がなめらかなのでしわになりにくいです。

ウール

こちらもスーツの生地としてよく使われる素材ですが、なめらかな素材なのでしわになりにくいです。

シワになりやすい素材は?

逆にシワになりやすい素材は、綿や麻、シルクなどの素材です。

これらの天然素材はシワになりやすいので、スーツケースに入れる時には避けた方が良いです。

 

ジャケットのたたみ方のまとめ

旅行や出張でジャケットをスーツケースの中に入れて持ち運ぶ時には、できるだけシワになりにくい素材のジャケットを選ぶようにしましょう。

スーツケースに収納する時には、腕の部分を内側に倒したら、ハンガーをかけたまま半分に二つ折りするのが一番シワになりにくいです。

ジャケットは、きちんと感が出ていないと上手く着こなせません。

持ち運ぶ時には、シワになりにくいようにポイントを押さえながら運びましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました