【傘を忘れた時】電車やお店で傘をなくした対処法と忘れない対策法

【傘を忘れた時】電車やお店で傘をなくした対処法と忘れない対策法 生活

人生の中で傘を忘れた事がある人や、なくした経験をした人は多いと思います。

傘をなくす場所は店であったり、電車であったり様々だと思います。

特に店に行った時には雨が降っていて傘をさして来たけど、帰る時には晴れていて傘を持って帰るのを忘れた・・・。

特に傘を忘れた経験が多くあるパターンだと思います。

傘を持ってきたこと自体を忘れてしまって、頭から傘の存在が抜けてしまっていたりしますよね。

電車で傘を忘れた時はどう対処すればいいのでしょう?

店で傘を忘れた場合にはどう対処すればいいのでしょう?

傘を忘れた!という事がないようにするにはどうすればいいのでしょうか?

この記事では、店や電車で傘を忘れた場合の対処法と、傘を持って帰るのを忘れないためにはどうすればいいのかについて解説しています。

スポンサーリンク

電車で傘を忘れた時の対処法

電車で傘を忘れた時の対処法

電車では、1人になる事が多いのでゆったりとリラックスした気分になりますよね。

リラックスした気分で傘を置いたまま電車を降りる・・・。

よくあるパターンで、電車を降りた後に「傘忘れた!」と口に出した人も多いのではないでしょうか。

電車では誰かが持っていかない限り、忘れ物として終点となった駅に最初に預けられます。

その後に遺失物センターという忘れ物を集める場所に預けられ、遺失物センターに届いてから4日を過ぎた場合には「警視庁」の遺失物へと移動させられます。

電車で傘も含めて忘れ物に気づいた場合は、4日以内に遺失物センターへ連絡する事が重要です。

遺失物センターは各県によって違うので、一概には言えませんが、最寄りの駅に連絡すると教えてもらう事ができます。

お店で傘を忘れた時の対処法

お店で傘を忘れた時の対処法
最も多いパターンが店で傘を忘れる場合で、電車よりも傘を忘れる事が多いといってもいいでしょう。

特に天気の移り変わりが激しい時ほど傘を忘れやすいです。

店で傘を忘れた場合には、基本的に1日2日以内であれば、傘を忘れた店に連絡する事で返してもらう事ができます。

あまり人が立ち寄らないような店であれば、簡単に自分の忘れた傘を見つける事ができますが、多くに人で賑わうような店の場合には、自分が傘を忘れるように他人も傘を忘れる事が多いです。

そのため、数十本もある傘の中から探し出さなければならないというハメになってしまう事も・・・。

店に傘を忘れた場合には、店としても長期間の間忘れた傘を保管しておくようなことはしません。

長い期間傘を忘れたことに気づかないでいると、そのうち「ポイ」されるかもしれませんね。

というか間違いなく捨てられてしまいます。

安い値段で買った傘の場合はいいですが、値段が高価な傘を忘れたときほど深い悲しみに包まれてしまう事はありませんよね。

傘を忘れない対策法

「傘を忘れた!」とならないための対処法としては忘れない事が1番ですが、どうしても忘れてしまう人に場合には、とりあえず対策をしなければなりません。

いくつか方法があるのですが、まずは傘を忘れないように傘立てを確認する。

傘を店に持ってきたときには自分で忘れないようにルールを作る。

などたくさんあります。

傘を忘れない・・・

それしかありません。

それでもどうしても傘を忘れてしまう人に効果的な方法があります。

1万円くらいの傘を買う

そうする事で、傘には10,000円の価値があるので、忘れる事は間違いなく少なくなります。

人によって感覚が違いますが、電車や店に傘を忘れるという事は10,000円を紛失するという事なので、おそらく忘れる事は少なくなると思います。

傘を忘れた時【まとめ】

ここまで傘を電車や店に忘れた場合の対処法について解説してきましたがお分かりいただけたでしょうか。

私たちは人間なので、どうしても忘れてしまう事は仕方ないと思います。

しかしどうやって忘れないようにするのかが重要なことで、忘れないためにどうするのかについても紹介してきました。

この記事が、電車や店に傘を忘れる事が多い人の参考になれば幸いです。

生活
スポンサーリンク
気になる気になる♪
タイトルとURLをコピーしました