結露防止シートって効果なし?購入者の口コミと失敗しないおすすめ7選!

これからの寒い季節に出来てしまう結露ですが、そのまま放っておくと窓やカーテンにカビが発生してしまう事もあります。

かといって、毎日の窓ふきは重労働ですよね。

手軽に結露を防ぐ事が出来る結露シートって効果なしとの声もありますが、どの程度効果があるのでしょうか。

実際に使っている方の使用感やオススメのシートを調べてみました。

結露防止シートって効果なし?購入者の口コミからわかったこと

結露防止シートを貼ってみたものの、効果が実感できない人もいるのではないでしょうか。

どんなシートなら効果があり、どんなシートなら効果なしなのか、実際に購入者の声を見てみますね!

実際に結露防止シートを貼っている方の口コミは?

(効果あり?)プチプチで結露がつかなくなった。

貼るのに時間がかかったようですが、
結露は付かなくなったようですね。

 

(効果なし?)窓が凍ると結露が発生

あんまり寒いと窓ごと凍ってしまって、
効果は感じられないようですね。

 

(効果なし?)窓の下の部分だけ貼るタイプ

窓の下の部分にだけ貼るタイプは、結露が多いようです。

 

(効果なし?)ペアガラスでも結露あり

結露シートを貼っても結露で塗れてしまうと、残念ですよね。

 

(効果あり?)窓全面にすると目隠しに

窓の全面に貼ると、光は入るけれど目隠しになるようですね。

だいたい、結露防止シートを貼ると3℃から10℃くらい、お部屋の温度が変わります。

また、購入者の口コミから、窓の全面に貼るタイプでは効果が期待できますが、窓の下の部分にだけ貼るタイプでは効果は低い事が分かりました!

 

そこで、失敗なしの結露防止シートを集めてみました!

【失敗なし】結露防止シートおすすめ人気7選!

実際に使っている方の口コミを参考に、どんな結露防止シートなら失敗なしで使えるのか、結露防止シートの人気オススメをご紹介します。是非、参考になさってみてくださいね。

結露防止シートおすすめ【水で貼れて綺麗にはがせるシート】

水だけで簡単に貼る事が出来て、綺麗に剥がせるシートです。
シンプルなデザインはどんなお部屋にも合いますね。
シートの上から可愛いシールやイラストを書いてオリジナルの結露防止シートにするのも良さそうですね。

結露防止シートおすすめ【夏は涼しく、冬は暖かくなるシート】

UVカットもしてくれるシートですので、夏は涼しく冬は暖かく過ごせます。
何度も貼ったり剥がしたりせずに、1年中貼ったままにしておくなら、こちらがオススメです。
特に南向きの窓は1日の中でも変化が大きく紫外線も入る為、この結露防止シートがオススメです。

結露防止シートおすすめ【大きいサイズの窓ならこちらのシート】

90×200cmと大きいサイズなので、大きな窓に複数枚貼りたくない方にはこちらのシートがオススメです。
シンプルなデザインなので、大きな窓や1つのお部屋に何枚も窓がある場合にスッキリと見せてくれますね。

結露防止シートおすすめ【外から見ても可愛いシート】


他の結露防止シートが単色でシンプルなものが多い中、外から見ても可愛いシートならオシャレに結露防止が出来ますね。
お部屋のインテリアのアクセントにもなりそうなデザインです。
可愛いデザインは見ていて元気も貰えそうです。

結露防止シートおすすめ【発生した結露も吸収してくれるシート】

シールで貼るタイプの結露防止シートです。
結露防止シートを貼っても結露が発生してしまう事がありますが、このシートなら発生した結露も多少吸収してくれます。
1年間の保証付きなので、初期不良への対策も出来るのは安心ですね。

結露防止シートおすすめ【洗濯して何度も使える!給水タイプの結露防止シート】

お洗濯が可能な結露防止シートなら清潔で長く使えますね。
結露を防止するだけでなく、万が一発生した結露も吸収してくれるタイプです。
外気による結露だけでなく、屋内の部屋と部屋や、部屋と廊下との間の扉の結露を防ぐのに、こんな可愛い結露防止シートを貼るのも良さそうですね。

 

結露防止シートおすすめ【結露防止 結露シート】

ステンドグラスのようなモザイク柄のデザインの結露防止シートです。
静電気で窓に貼れるので、簡単に貼ったり剥がしたり出来ます。
目隠し防止にもなるのでオススメです。

まとめと感想

私も自宅で結露防止シートを貼っていますが、部屋や窓によって、それぞれ貼っている結露防止シートを変えています。

お部屋やインテリアに合わせたシートを貼って、結露を防ぎつつ、インテリアも楽しみたいですね。

タイトルとURLをコピーしました