【2019最新】串本海中公園の割引券・クーポン情報♪お得に入場する方法!

観光・旅行

こんにちは、カメラを持って毎週のように通っている水族館オタクの花隈です!

hanakuma

記事中の写真は、私(花隈)が撮影してきたものです^^

本州最南端の駅として、鉄道ファン以外でも一度は耳にしたことがあるであろう串本駅。

有名なスポットと言えば潮岬や橋杭岩などが有名ですが、この町に水族館があるのはご存知でしょうか?

実のところ、筆者も水族館巡りの漫そぞろ神に憑かれるまで、和歌山にある水族館といえばパンダとシャチが暮らす夢のモノクロ王国、南紀白浜アドベンチャーワールドしか知りませんでした!
(小さいころに親に連れて行って貰った事があったので)

和歌山に、水族館が6つもある事実を知ったのは、ほんの数年前。

クジラに特化した水族館大学施設の水族館入場料もアドベンチャーな水族館……

どこも良い感じに個性が溢れていて、まぁ…ちょっと溢れすぎていておいおい大丈夫なの~って思うぐらいに、

魅力的なスポットです!マジで!!

今回は、そんなキャラ立ちしまくりの和歌山アベンジャーズの一人、串本海中公園をご紹介致します!

スポンサーリンク

串本海中公園の入場料金は?

【2019最新】串本海中公園のお得な割引券!クーポンでお得に入場♪2

~海中公園の中心にある水族館の外観(自分で撮ってます)~

まず最初に、串本海中公園の施設について簡単に説明させて頂きますので、

片手をじゃんけんのパーの形に広げておいて下さい。

準備はよろしいですか?

 

hanakuma

それでは、指折り数えて下さいね、まず1つめは水族館!!

【水族館】
サンゴが息づく串本の海で暮らしている生き物たちを展示育成している。ウミガメの繁殖でも有名。

 

hanakuma

続いて、2つめは海中展望塔!!

【海中展望塔】
水族館の裏手から橋を渡って往来する海の中に建てられた塔。中に入ると窓から海の中を覗くことが出来る。

 

hanakuma

まだ有るんです。3つめは観光船!!

【半潜水型海中観光船ステラマリス】
船底に、海底を覗く為のスペースが用意されていて、波に揺られながら海底観測が出来る。

 

hanakuma

そして、四番目がダイビングパーク!!

【串本ダイビングパーク】
どうせなら自分で潜って海の中を観てみたい!そんな人たちが集まる、ログハウスが目印のエリア。

 

hanakuma

最後は、みんな大好きお食事&お土産センター!

【海中公園レストラン アクロポーラ】
和歌山ラーメンから海鮮丼まで食べられる大食堂。
併設のお土産物屋さんも美味しそうな物がいっぱい!

パーがグーになりましたね?

そうなんです。この海中公園というのは、ふとっちょパパ指からヨチヨチ赤ちゃん指までの5つを総じて
おはなしゆびさん串本海中公園と呼称します。

なので、料金に関しても他の水族館よりも少し変わっている部分があります。

今回は水族館にスポットを当てている点と、計算が難しくなるという理由でダイビングは除外しておりますが、基本的な水族館のチケットの他に、各施設を利用する為の課金が必要となる料金設定なのです。

チケット料金 大人 小・中学生 幼児
(3歳以上)
水族館のみ 1,500円 700円 200円
乗船券 1,800円 900円 200円
水族館+海中展望塔 1,800円 800円 200円
水族館+乗船券 2,400円 1,300円 200円
水族館+海中展望塔+乗船券 2,600円 1,400円 200円

※ 観覧船に関しては天候の影響でショート航路という短いルートに変更になる場合があります。

その時は料金も少し割り引いた金額に変動します。

自分の興味に合わせて選択自由なお値段設定。これって実に良いと思います。

閉館間際に訪れて、どうしても水族館の中だけは観ておきたい、という人だっているかもしれません。

スマホのゲームも、喫茶店のモーニングも、通勤電車の座席でさえ、今やこの世は大課金時代。

自分に見合ったサービスを選り分けることも、これからの時代は大切ですからねぇ。

でなければ、某携帯電話会社のように契約の時に余計なサービスをマシマシに盛られてしまうこともありますので……

串本海中公園の入場料金が安くなる割引券一覧

串本海中公園の入場料金が安くなる割引券一覧~串本の海を再現したサンゴ水槽~

さて、ここからが本題ですね。

知っておくと結構お得な、串本海中公園の割引情報!!

年間パスポート(個人)

  • 大人(3,800円)
  • 小・中学生(1,800円)
  • 幼児(500円)

もしご家族で加入されたいという人は、次のようなサービスもあります。

年間パスポート(家族会員)

  • 家族会員A(8,000円):大人2人まで、中学生以下3人までの合計5人まで登録可能。
  • 家族会員B(9,000円):家族会員Aの人数に、毎回ビジターさん1人を含める事が可能。

年間パスポートがあれば、観覧船のチケット代やダイビング費用、お食事、お土産にも割引が付いてくるので意外と使い勝手の良い年パスとなっております♪

シルバー割引

  • 65歳以上の方:水族館+海中展望塔(1,800円)→(1,600円)

たかが200円、されど200円。
最近は、ご年齢に反してお若く見える紳士淑女の方が多いので、身分証明書はお忘れなく。

スマホ限定・前売り電子チケット

  • 専用のページから購入することが出来るオンラインチケット
  • 大人(1,800円)→(1,440円)
  • 小・中学生(800円)→(640円)
  • 幼児(200円)→(160円)

当日購入も可能。水族館と海中展望塔のチケットが通常より20%もお安く買えてしまいます!
ただし、クレジットカード支払いになってしまうのでご注意下さいね。

クーポン付き入場券

  • 前日までに専用のページでの申請が必要
  • 大人(1,800円)→(1,620円)
  • 小・中学生(800円)→(720円)
  • お食事クーポン500円分(3,000円以上のお食事の際に使用可能)
  • お土産クーポン200円分(2,000円以上のお買い物の際に使用可能)

こちらは当日購入は出来ません。前もって準備しておいて下さいね。
水族館と海中展望塔のチケットが10%オフに加えて、お食事&お買い物のクーポン付き!
しかも5名までサービス適応可能!仲間と連れ立って遊びに行くときは、こちらも見逃せない割引です!
ただし申請の際には、海中公園のメルマガを登録しなければいけません。ご了承ください。

早割7

  • 来園の7日前に専用のページでの申請が必須。
  • 大人(1,800円)→(1,550円)
  • 小・中学生(800円)→(680円)

筆者のように、突然「天気も良いので、串本行こう!」と動いてしまうアドリブ人間には不向きな割引。

ですがその内容は、他のサービスにも引けをとらないお得っぷり。

こちらもメルマガ登録が必要ですが、一枚で最大で10人まで割引できます!

 

hanakuma
hanakuma

でも、自分そんなに友達いないので、やっぱり僕には不向きな割引だコレ……。

串本海中公園の一番安くお得な割引券はこれ!

串本海中公園の一番安くお得な割引券はこれ!~海中展望塔の内部~

  • 他にも団体割引(15人以上で1割引)
  • JAF・イオンカード提携(1割引)
  • 近くの水族館及び観光施設とのコラボチケット

もあり遊びに来た人のニーズに合わせた選択肢が豊富な串本海中公園の割引券ですが最も手軽なサービスはコレ!

再来園のご優待サービス

入場チケットを持っていれば、次に来た時は10%オフ、次は20%オフ、その次30%オフ……

そして6度目以降は、なんと無料に!!

3回通えば元が取れる年パスの方がお得感はありますが、こちらの割引は手頃なのがいい!!

前回のチケットを持っているだけでOkなので、家に帰っても半券は捨てずに残しておいた方が良いです♪

串本海中公園の詳細・アクセス情報

  • 串本海中公園の営業時間は9:00~16:30(水族館の入館は16:00まで)
  • 観光船は9:30~15:30
  • ダイビングパークは9:00~17:00

年中無休で、夏休みや年末年始といった連休期間は延長して遅くまで営業されてます。

アクセスには、誰がなんと言おうと車が便利。むしろ車が無いと辿りつけません!

駐車場も無料なので、お車をお持ちの方は是非とも愛車と一緒に海を眺めながら風になってみて下さい。

電車組は串本駅の目の前にあるロータリーに、バスが停車していないかチェックをお願いします。

無料シャトルバスが用意されているので、是非とも活用させて頂きましょう!

無料シャトルバス公式サイトより引用~

海中展望塔は、実のところ課金してでも一度は中に入って頂きたいオススメの場所です。

【2019最新】串本海中公園のお得な割引券!クーポンでお得に入場♪6

~水族館の裏手を出て、橋を渡った先にある展望塔~

どこまでも続く海の中を、自由気ままに泳ぐ魚達の姿は、水槽越しに見る魚達とは全く違って見えて
ちょっとした感動ものです。ダイビングにハマる人たちの気持ちが少し分かる気がしました。

hanakuma
hanakuma

……まぁ、筆者は重度のカナヅチなので絶対に海に潜ったりなんてしませんけどね。

足の届かない深い場所なんて……軽く死ねます。マジで。

まとめ

串本海中公園のご紹介をしてきましたがいかがでしたでしょうか?

和歌山県の最南端というか本州の最南端にある和歌山県串本町にあります。

とても辺鄙なところなのでアクセスが良くないと思われるかもしれませんが、だからこそ行ってみてその魅力を感じていただきたいです。

この記事の写真は、筆者が串本海中公園に何度も通いながら撮ってきたものです。通えば通う程にかわいらしくなる海の生き物たち。どの子も我が子のように愛しいです^^

タイトルとURLをコピーしました