赤ちゃんの暖房器具おすすめ人気ランキングTOP3!種類別に比較

朝晩が冷え込んできて、冬に近づく季節になると気になるのが暖房器具。

特にほぼ一日中家の中で過ごす赤ちゃんがいる家庭では、どのようなものを選べばいいのか迷いますよね。

温度だけでなく、安全面にも考慮したいところです。

では、様々な種類がある暖房器具の中でどれがいいのか、比較しながらみていきましょう。

赤ちゃんに優しい暖房器具とは?種類別に比較してみた!

寒い季節に家の中で快適に過ごすためにも、暖房器具は欠かせません。

赤ちゃんのためにもよりよい暖房器具を選びたいですよね。

暖房器具それぞれにメリット・デメリットがあります。

次の項目で詳しく説明していますが、先に「赤ちゃんに優しい暖房器具」は次の3つです。

赤ちゃんに優しい暖房器具TOP3!
  • 1位 オイルヒーター
  • 2位 エアコン
  • 3位 電気ストーブ

一日中家の中で過ごす赤ちゃんにとって最も優先されることは空気の快適さ。

例えば、短時間で部屋をあたためることができるものでも、排気が出ると空気が汚れてしまいます。

逆に排気は出なくとも、器具自体が高温になるものは誤って触ると危険です。

いろいろな面から考えて、赤ちゃんにとって優しい暖房器具を使いたいですよね。

それではその違いを紹介していきますね。

オイルヒーター

こちらは内部で温められたオイルを循環させることによって部屋を暖めます。

温風が出ないため空気が汚れませんし、乾燥の心配もありません。

しかし、暖まるのに時間がかかるので、タイマーなどをうまく利用する必要があります。

ストーブ

主に石油と電気タイプのものがあります。

石油ストーブ

石油ストーブは灯油を使って火をおこし、ゆるやかに部屋を暖めます。

また、灯油を燃焼させて発生した水分による加湿の効果もあります。

しかし、不完全燃焼で一酸化炭素中毒を引き起こす可能性があるので、定期的に換気をしながら使用する必要があります。

また赤ちゃんが誤って触るとやけどの恐れがあり危険です。

あらかじめストーブガードや柵などを設置して、事故防止に努めましょう。

電気ストーブ

電気ストーブは、部屋全体というよりその周辺を暖めるもの。

近くに置いて使用するのが最適です。

部屋全体を暖めるというよりはその周辺を暖めるといったものなので、夜間の授乳の時などに、近くに置いて使うことに最適です。

触るとやけどをするので、赤ちゃんが近づかないように注意する必要があります。

エアコン

まず赤ちゃんの手が届かないところに位置しているので怪我の心配がいりません。

温度も一定に保つことができるので快適さは抜群です。

しかし空気が乾燥しやすくなるため、加湿器を同時に使用する方がいいでしょう。

床暖房

最近、床暖房のある家が増えていますよね。

じっと座っているだけでも暖かく快適なものです。

ただ赤ちゃんを床暖房の上で寝かせるのときは注意が必要です。

低温やけどや脱水症状を引き起こす可能性があります。

寝かせるときはマットやラグを敷くなどして、水分補給にも気をつけてあげたいですね。

赤ちゃんの暖房器具おすすめ人気ランキングTOP3!

暖房器具それぞれに良し悪しがある中で、より快適で赤ちゃんに優しいものトップ3はずばり!

赤ちゃんに優しい暖房器具TOP3!
  • 1位 オイルヒーター
  • 2位 エアコン
  • 3位 電気ストーブ

赤ちゃんの暖房器具おすすめ オイルヒーター ヒーター 楽天人気No.1

オイルヒーターは空気を汚さず、乾燥や匂いの心配もありません。

速暖力は期待できませんが、暖かさがやわらかく優しいため、赤ちゃんのいる家庭ではおすすめです。

赤ちゃんの暖房器具おすすめ エアコン 楽天人気No.1

エアコンも燃焼の伴う空気の汚れはありませんが、ほこりが舞い上がる点が気になるところ。

しかし暖房出力や速暖力はオイルヒーターより優っているため、すぐに暖かくなります。

乾燥予防のため加湿器を同時に使用しましょう。

赤ちゃんの暖房器具おすすめ 電気ストーブ 楽天人気No.1

電気ストーブは光が暖めるので、上二つと同様に空気の汚れや臭いは比較的ありません。

速暖力にも優れていますが、暖かくなる範囲が狭いというところが難点です。

日向ぼっこをしているような優しい暖かさは赤ちゃんにとって最適です。

エアコンと併用することでより一層効果が期待できる、補助暖房器具としての使用が理想的です。

この場合も空気が乾燥しやすくなるので、加湿器を使用するなりして、注意しましょう。

まとめ

部屋の温度管理が体調に直結してしまう赤ちゃん。

よりよい暖房器具を利用しながら、元気に寒い季節も乗り越えたいですね。

また、地域や部屋の広さ、使い方などで暖房器具の選び方も変わってきます。

それぞれの家庭の生活スタイルにあったものを選んでくださいね。

タイトルとURLをコピーしました