カビの生えた服は捨てるしかない?カビによる体への害や洗濯やクリーニングの落とし方

衣替えの季節。クローゼットから出した洋服をみてビックリ!

白いほこりのようなものが付いていたら「白カビ」かもしれません。

手ではらってしまうと他の衣類に広がることもあるという厄介なカビ!

カビの生えた服は捨てるしかないのでしょうか?

自宅の洗濯機で落とすことができるのか、クリーニングに出せば落とせるのか、

カビが生えた服を着ると体に害があるかなど、洋服のカビについてご紹介します!

カビの生えた服は捨てるしかない?白カビと黒カビの対処法

洋服についたカビは捨てるしかないのでしょうか?

カビは、白カビと黒カビの2種類があるんですね!

そして、白カビであれば取り除くことができます。

黒カビの場合は、少し難しいかもしれません。

そんな時は、クリーニングで綺麗にしていただけます!

ここから服についた白カビと黒カビを詳しく見ていきますね!

服についた白カビの対処法

白カビの生えた服は捨てなくてもキレイになります。

比較的軽い白カビは、布用ブラシでブラッシングし(カビが舞うので必ず室外で行なってね)、アルコール除菌スプレーを吹きかければ大丈夫。

その後しっかりと乾燥させることが大事。

それでも落ちないときは、酸素系漂白剤で洗濯し、干してしっかりと乾燥させましょう。

服についた黒カビの場合

黒カビの場合は、繊維の奥まで根を張っているので、白カビのように簡単に落とすのは難しいです。

黒カビが生えてしまったからといって、すぐに捨ててしまうのではなく、酸素系漂白剤を使い、つけおき漂白を試してみるのが良いかもしれません。

毛やシルクなどのデリケートな繊維もの、水洗いのできないもの、金属や自然素材の飾りが付いているものなどは、酸素系漂白剤を使用することができません。

漂白しても落ちないものは、クリーニング店へ持って行くしかないです。

漂白剤やアルコール除菌でカビを除去できれば、大切な洋服を着ることができますね!

試してみる価値ありですよ♪

カビの生えた服を着ると、身体に害がある?

カビは菌類の一種です。

洋服だけでなく、お風呂場、キッチン、エアコン、布団・・・。あらゆるところで繁殖します。

  • 温度(20~30度が最適)
  • 湿度(80%以上)
  • 栄養(ほこり・汚れなど)

この3つがそろうと、どんどん繁殖していきます。

カビは、食品に使われる青カビなど、良い働きをするものもありますが、病気の原因となることもあります。

健康な状態なら、身体がカビの繁殖を阻止してくれますが、

免疫力が落ちている人、

抵抗力が弱い子供やお年寄りなどは、

繁殖を防げず、感染症・アレルギー・中毒などを引き起こす恐れがあります。

カビの生えた服は洗濯やクリーニングで綺麗になるの?

カビの生えた服は洗濯やクリーニングできれいになることが多いです。

洗えないものや大切なものはクリーニングに出しましょう!

クリーニングに出す時は、受付でどこにカビが生えているか保管状況なども伝えるようにすると、適切な対処方法で処理してくれます。

 

普段着など家で洗っても大丈夫なものは、つけおき漂白でカビを落とせる場合もあります。

漂白剤は、酸素系漂白剤を使います。

液体と粉末がありますが、粉末のほうが効果は強いです。

塩素系漂白剤は、漂白効果が強いので、生地を傷める恐れがあります。また色柄物には使用できません。

【つけおき漂白のやりかた】

  • ぬるま湯3リットルに、大さじ2の酸素系漂白剤をバケツにいれる
  • 1時間ほどつけおき
  • そのまま洗濯機に入れ、いつもどおり洗濯する

ぬるま湯は40℃位がちょうど良いです。

色物をつけおきする場合は、こまめにチェックし、色が抜けないように気をつけましょう。

漂白してもカビが落ちない場合は、クリーニングの専門メニューを頼むか、残念ながら諦めるしかないです。

まとめ

先日近所のクリーニング店へ行ったときに、カビの生えた洋服を持参してきた人に出会いました。

夏の間、冬物を丸めてクローゼットにしまっていたそうです。

1着だけでなく、一緒に保管していたと思われる数枚の服にカビが生えていました。

生えてしまったカビは除去するのも大変だし、クリーニング店で除去してもらうのにも高いお金がかかってしまいます。

一度着たものは、洗濯するか、クリーニングに出して、綺麗に汚れを落としてからしまうようにしましょう。

また除湿剤を使ったり、クローゼットの風通しを良くしたりして、湿気がこもらないようにすることが大事です。

大切な洋服。カビの繁殖から守ってあげたいですね!

タイトルとURLをコピーしました