メルシー ポットは大人の副鼻腔炎や蓄膿として使える?

メルシー ポットは大人の副鼻腔炎や蓄膿として使える?生活
スポンサーリンク

「メルシーポットは大人の副鼻腔炎や蓄膿にも使えるのかな?」

赤ちゃんの鼻水を取ってあげながら、ふとそう思ったパパやママ、いるのではないでしょうか。

赤ちゃんが風邪をひいて鼻が詰まっているとき、鼻水をしっかり吸い取ってくれるメルシーポット。

便利な育児アイテムとして、世のパパママから大人気です。

一方、大人の方でも副鼻腔炎や蓄膿で鼻づまりがひどく、自宅で鼻水の吸引をしてスッキリしたい!と感じている人はいると思います。

今回は、そんなしつこい副鼻腔炎や蓄膿に悩まされている方に向けて、メルシーポットが役に立つのかどうかを解説していきますね。

 

メルシー ポットは大人の副鼻腔炎や蓄膿として使える?

スポンサーリンク

まずメルシーポットという製品をご存じない方もおられるかもしれませんので、簡単に説明しますね。

メルシーポットとは?

メルシーポットは赤ちゃん向けに開発された、電動鼻水吸引器です。

白い箱型の本体とプラスチックのカップがセットになっていて、カップからは長いチューブが伸びています。

チューブの反対側には鼻用のノズルがついていて、これを赤ちゃんの鼻の穴にあててスイッチを入れると吸引スタート。

コンセントから直接電源をつなげるので、強力に鼻水を吸い出してくれます。

鼻水吸引器には大人が口で吸うタイプもあるのですが、うまく吸い取ることができない、こどもの風邪がうつってしまう、といったこともあるので、電動タイプは家族の風邪予防にも効果的です。

ノズルやチューブなどの鼻水が触れるパーツは丸洗いが可能で、清潔に保てます。

 

強力に鼻水を吸い出してくれるすぐれものなんですよね。
では、メルシーポットは大人にも使えるのでしょうか?

メルシーポットは大人にも使える?

メルシーポットの製造元であるシースター株式会社のメルシーポットQ&Aには、

「0ヶ月の赤ちゃんはもちろん、花粉症で悩まれている大人の方まで幅広くご使用いただけます。」

とありますので、大人が使うのも問題ないようです。

 

実際にメルシーポットを販売している通販サイトにも、「こどもと一緒に使っています」というレビューがたくさん寄せられています。

 

副鼻腔炎や蓄膿による鼻づまりがひどいと、息がしづらい、頭が重たい感じがするなど、とにかく不快ですよね。

自宅で鼻水を吸い出すことができれば、そのような症状を軽減できます。

ただし、赤ちゃんの鼻水と大人の鼻水だと粘度などが違いますので、どれ位吸引できるかは個人差があるようです。

使用するときの注意点

注意点として、特に以下の2点に気をつけてください。

鼻につけるノズルは他の人の分と分ける

衛生面から、ノズルは使う人数分を用意したほうがいいでしょう。

ノズルやチュープ、カップなどは丸洗い可能ですが、鼻の穴に直接触れるノズルは病気を移したり移されたりしないためにも、分けたほうが安心です。

通販サイト等でノズルのみの販売もしています。

吸っている間はもう片方の鼻の穴や口をふさがない

もう片方の鼻や口を閉じてしまうと鼓膜に大きな負担がかかります。

耳に痛みが!というレビューやブログの記事も見かけます。

閉じたほうがたくさん取れる、という口コミもあるようですが、絶対にやめましょう!

メルシー ポットは大人の「痰」はどうなの?

メルシー ポットは大人の「痰」はどうなの?

シースター株式会社のQ&Aには、痰の吸引ができるとは書いてありません。

一方、介護用の痰吸引機で鼻水も吸える、と書いてある製品はあります。

そもそも痰の吸引は医療行為にあたり、研修等を受ける必要があります。

知識のない一般人が、自宅で痰の吸引をするのはやめましょう。

また、痰の吸引ができる条件を満たしている人であっても、痰吸引用の機械を使ってください。

まとめ

いかがでしたか。

子どもの鼻水対策に便利なメルシーポットは、大人の鼻水を吸い取るのにも効果を発揮します。

方、大人の痰を吸い取ることはできません。痰の場合は子どもにも使えません。

痰の吸引は医療行為であり、素人がするのは危険です。絶対にやめましょう。
これから体調を崩しやすくなる時期になりますよね。

副鼻腔炎や蓄膿は体調を崩すと症状が出たり、悪化したりすることがあります。

鼻水の吸引とともに、体調管理もしっかり行ってくださいね。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました