【自転車の防犯登録】解除抹消の方法は?手続きや料金、場所を解説

スポンサーリンク
【自転車の防犯登録】解除抹消の方法は?手続きや料金、場所を解説 生活

自転車を購入する時に防犯登録を行ったことありますよね。

私もずいぶん前にホームセンターで自転車を購入し、その時に防犯登録を行った自転車を所持しているのですが、ずいぶん古くなってきて買い替えを検討しています。

その時に、ふと登録を行ったけれど解除を行ったことがないことに気が付き、解除は必要なのか、また解除するのであればどのような手続きを行えばいいのか不安になりました。

そこで今回自転車の防犯登録を行った後、解除抹消は必要なのか、また手続き方法を調べましたのでご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

自転車の防犯登録、そもそも解除抹消は必要なの?

【自転車の防犯登録】解除抹消の方法は?手続きや料金、場所を解説
基本的に、自転車を手放す際には防犯登録の解除抹消をしておいた方がいいです。
特にフリーマーケットや友人に譲渡する場合は解除抹消は必要になります。

そもそも防犯登録とは、自転車の所有者を明確にすることで、自転車の盗難防止や、盗難されたときに早期発見に役立つなど、良い点があります。

一方で不法駐輪を取り締まったりするときの一定の管理手段にもなっています。

そのため、登録抹消をせずに他の人に譲渡した場合、また廃棄したにも関わらず他の人の手に渡ってしまった場合、以下のデメリットがあります。

・次に所有した人に窃盗の容疑がかかってしまう

・次の所有者が何らかの犯罪に名義が残ったままの自転車を使用した場合、その犯罪の嫌疑がかかる可能性がある。

特に怖いのは知らないうちに犯罪に巻き込まれていることです。

そのため、自転車を手放した後、確実に廃棄処分が行われると確定できない場合は防犯登録の解除抹消を行ったほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

自転車の防犯登録、解除抹消の手続き方法(料金、場所など)

【自転車の防犯登録】解除抹消の方法は?手続きや料金、場所を解説
それでは解除抹消の手続き方法についてお伝えしていきたいと思いますが、解除抹消の細かい手続きの方法や料金などは各都道府県によって少し異なるようです。

ここでは大まかな手続きについてお伝えしていきますね。

解除に必要なもの

1.自転車防犯登録カード
これがないと始まりません。

自転車を購入したときに、保証書と一緒にもらっているはずです。

万が一なくしている場合も、一定の登録情報が一致すれば解除は出来るようです。

2.自転車本体
自転車には車体番号が刻印されています。

この車体番号が防犯登録や解除をするにあたって必要になるため、必ず自転車本体を持ち込まなければいけないようです。

3.公的発行の身分証明書
免許所や保険証、学生証などが必要です。

基本的に以上3点があれば大丈夫です。
料金は必要ないところがほとんどですが、100円程度必要な都道府県もあります。

それでは手続きの仕方を簡単に説明していきます。

防犯登録の解除抹消を行える場所
・自転車を購入した店舗
・近くの交番・警察署の生活安全課

ただし、東京都など一部の警察署では解除抹消を行えないこともあるので、事前に問い合わせるか、購入した店舗で行うのが確実です。

いずれかで、防犯登録の解除をしたいと伝えていただければ手続きの案内をしてもらえます。

ただし、購入した都道府県でしか登録の解除を行うことは基本的に出来ません。
注意してくださいね。

自転車の防犯登録は義務なの?登録しないとどうなる?

【自転車の防犯登録】解除抹消の方法は?手続きや料金、場所を解説
自転車の防犯登録は義務です!

平成6年6月20日より「自転車の安全利用の促進及び自転車等の駐車対策の総合的促進に関する法律」というものによって防犯登録の義務が定められています。

が、登録していないからと言って特に罰則などはありません。

しかし、防犯登録をしないと、盗難にあいやすくなったり、警察から盗難を疑われ職務質問されたりすることもありますので登録するに越したことはありませんね。

自転車の防犯登録、解除抹消についてのまとめ

以上、自転車の防犯登録、解除抹消についてお伝えしました。

自転車の防犯登録は各都道府県に情報があるため、他都道府県で解除抹消が出来ないのは少し不便ですね。

また、自転車の登録は義務ですが、登録していなかったからと言って特に罰則はありません。

しかし、登録をしていないと盗難の確立が上がったり、盗難を疑われたりするので登録しておくに越したことはなさそうです。

自分の持っている自転車を他人に譲渡する時は特に注意して登録解除を行うようにしてください。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました