重曹で洗濯機を掃除するコツ!ドラム式と縦式の気を付けるポイント

スポンサーリンク
重曹で洗濯機を掃除するコツ!ドラム式と縦式の気を付けるポイント 生活

洗濯機の汚れや匂い取り、何でやっていますか?

洗濯機の汚れや匂いは重曹を使ってキレイにするのが環境にもよくおすすめです。

しかし、重曹は酸性なのであまり洗浄力が強くないというデメリットがあります。

だから、洗う時にはコツがいります。

  • お湯を使う
  • 何回も行う
  • 一晩放置する

などを取り入れてみましょう。

ここでは、重曹で掃除する時のポイントを詳しくご紹介いたします。

ポイントを抑えれば、強力な成分で手荒れしながら掃除しなくてもよくなりますよ!

スポンサーリンク

重曹の種類と効果、洗濯機の掃除にいい理由

重曹で洗濯機を掃除するコツ!ドラム式と縦式の気を付けるポイント
重曹には、3種類あります。

【食品用重曹】

ケーキのふくらし粉として使われたり、野菜についている添加物を落とす働きがあります。

【医療用重曹】

胃酸過多や胃もたれなど、消化器系の不調時に効果を発揮します。
炭酸水素ナトリウムとして病院で扱われています。

【工業用重曹】

主に掃除をする時に使われるのが工業用重曹です。
もちろん、洗濯機に使われる重曹も、一番下の工業用重曹です。

 

洗濯機の掃除に重曹がいい理由

では、どうして重曹が洗濯機にいいのか?

その理由は3つあります。

汚れが落ちやすい

洗濯機についている汚れは、衣類についた食材や垢など、酸性の汚れです。

それに対して重曹は弱アルカリ性を持つ性質があります。

そのため、酸性の汚れを弱アルカリ性が中和して汚れを落としやすいのです。

匂いがなくなる

重曹には消臭効果や除菌効果もあります。

先ほど、洗濯機の汚れは酸性の汚れだとご紹介しましたが、匂いも同じく酸性なのです。

だから、重曹を浸しておけば匂いも中和されて、嫌なかび臭い匂いがしなくなるのです。

環境に優しい

環境破壊が進む中、空気や水を汚さないアイテムを使うことは、大切なことですね。

重曹は人の口に入れても害がないほど優しい成分からできています。

そんな重曹で汚れを落とせば、環境破壊をストップさせることにつながります。

重曹を使った洗濯槽の掃除の手順(ドラム式と縦式)

重曹で洗濯槽を掃除する時は、正しい手順で行うことが一番汚れを落とします。

ドラム式と縦式の掃除手順をご紹介いたします。

ドラム式

ドラム式の掃除方法

  1. 開閉ぎりぎりの所までお湯を入れて重曹カップ1を入れる
  2. 脱水抜きにして洗濯機開始。つけ置き機能がある場合はそちらを利用する
  3. 一晩放置する
  4. 浮いてきた汚れを網などですくう
  5. 普通洗いで、汚れが出なくなるまで2.3回まわす
  6. 乾燥させて終了

縦式

ドラム式の掃除方法

  1. 洗濯槽いっぱいのお湯と重曹カップ1を入れてる。
  2. 脱水抜きにして洗濯開始。毛布洗いがある場合はそちらを利用する。
  3. 一晩放置する
  4. 浮いてきた汚れを網などですくう
  5. 普通洗いで洗濯をもう一度回す
  6. 再度汚れを網などですくう
  7. もう一度普通洗いで洗濯をまわし、すすぎを2回くらい行う
  8. 乾燥させて終了

 

重曹を使って洗濯機を洗うときに注意したいポイント3つ

重曹で洗濯機を掃除するコツ!ドラム式と縦式の気を付けるポイント
重曹を使った洗濯は、「お湯を使う」「何回も行う」「一晩放置する」という3つを行うことがポイントです。

お湯を使う

お湯を使った方が、沢山早く汚れが浮かび上がります。

これはどうしてかというと、温度が高めの方が皮脂の汚れを落としやすくするからです。

何回も行う

重曹は強力な洗濯槽洗剤に比べると洗浄力が弱めです。

また、洗濯機の汚れを一回ですくいあげることは難しいもの。

最低でも2回は洗濯機を回すようにしましょう。

一晩放置する

重曹を入れたお湯の中で一晩放置すると、こびりついている乾燥した細かい汚れも落としやすくなります。

洗濯槽洗いモードがある場合、一晩置かないものもありますが、できたら一晩放置しておくとより頑固な汚れを浮かびやすくさせておすすめです。

 

重曹で洗濯機を掃除【まとめ】

重曹を使って洗濯機を掃除すると、酸化した汚れや匂いをきれいに落としやすいことが分かりました。

どうして重曹で汚れや匂いが落としやすくなるのかというと、重曹は弱アルカリ性なので酸性の汚れと中和してくれるからです。

ただし、重曹は強力洗剤に比べて洗浄力が落ちるため、重曹で掃除する場合は最低でも2回洗濯をまわすようにしましょう。

スポンサーリンク

 

タイトルとURLをコピーしました