【なつぞら】あらすじとネタバレ(第13週)どうなる、雪次郎と天陽!?

スポンサーリンク
【なつぞら】あらすじとネタバレ(第13週)どうなる、雪次郎と天陽!? なつぞら

なつの妹・千遥が家出していたことが判明した第12週。
なつは自分の居場所を千遥に伝えるためにも、漫画映画のポスターに名前が載るよう努力する決意をしました。
そして結婚相手最有力候補である坂場一久もついに登場!物語が加速していますね。

今回はその続き、第13週のあらすじをネタバレも含めてご紹介します。
山田裕貴演じる雪次郎のメイン週であり、なつの永遠の憧れ・天陽くん(吉沢亮)にも動きがあるようです!

※連続テレビ小説「なつぞら」毎週月曜〜土曜 NHK総合午前8時ほか

スポンサーリンク

【なつぞら】雪次郎よ、川村屋をやめて何をする?

 

「わんぱく牛若丸」の制作に携わり、忙しくも充実した日々を送るなつ。東京へ来てから1年半が経とうとしています。

なつはある日、川村屋のマダムから雪次郎が店を辞めることを聞きます。雪次郎は、なつと一緒に北海道から上京し、実家の和菓子屋を継ぐために川村屋で修行をしていた幼なじみです。

驚いたなつは雪次郎を説得しようとしますが、彼の意思は固く、菓子職人を辞めて役者になると決意していました。

雪次郎が店を辞めることを手紙で知った彼の家族、雪之助・妙子・とよの3人は、急いで東京へ向かいます。しかし、3人が川村屋へ着いたとき、すでに雪次郎は店を辞め、行方がわからなくなっていました。

困った3人はなつを訪ねますが、彼の行方を知らないのはなつも一緒です。
雪次郎がなつの兄・咲太郎と親しかったことを思い出した父・雪之助は、咲太郎を問い詰めます。すると、雪次郎は劇団に住み込みでいることがわかったのです。

雪次郎はなつの幼なじみであり、高校では演劇部で主役を演じていました。
そんな彼は一人息子で、当然のように実家の和菓子屋を継ぐことが決まっており、それを受け入れているように見えていました。

ですが、咲太郎と「劇団・赤い星座」との出会いが、演劇への情熱を思い出させてしまったのでしょうね。

【なつぞら】川村屋へ連れ戻された雪次郎

 

雪次郎の居場所がわかり、ものすごい勢いで乗り込む小畑家の3人。
祖母・とよを先頭に、どうして店を辞めたのか雪次郎を問い詰めます。

家族の勢いに押されながらも、雪次郎は菓子職人を辞めて役者になりたいという思いを伝えます。
しかし彼の必死の思いは届かず、父・雪之助に川村屋へと連れ戻されてしまうのでした。

そこで雪之助はマダムに、自分も雪次郎と一緒にここで働かせてください、とお願いをします。雪次郎が落ち着くまでと。マダムは了承し、2人は一緒に川村屋で働くことになったのでした。

雪次郎の思いを無視して修行に戻らせた父・雪之助ですが、それは家族への愛ゆえの行動でした。
その思いを打ち明けられたなつもまた、雪之助に妹・千遥への思いや、家族に対する気持ちを話すのでした。

思いを語り合った雪之助となつが「風車」へ戻ると、雪次郎の祖母・とよと咲太郎が意気投合して楽しく飲んでいました。

そこで雪之助が亜矢美に、店を貸してほしいとお願いします。

次の日呼び出された雪次郎は、雪之助から「バタークリームケーキを作れ」と課題を出されます。

その場にいる全員が満足する味を作れたら、修行の成果を認め、役者になることを認めるというのです。はたして雪次郎は、役者になる夢を叶えることはできるのでしょうか・・・。

【なつぞら】そのころ、なつと天陽くんは・・・

同僚の桃代(伊原六花)や茜(渡辺麻友)から坂場との関係を冷やかされるなつは、仕事中も雪次郎のことが気になる様子です。そこへきて、スランプに陥ってしまい絵がうまく描けなくなってしまいました。

雪次郎が父親と一緒に川村屋で働くことになった頃、なつは階段から落ちそうになったところを偶然通りかかった坂場(中川大志)に助けられ、その場で起きたことからヒントを得て、動画を完成させました。

同僚からもいい評価をもらったなつの動画でしたが、ベテラン監督の露木(木下ほうか)はその絵を認めず、逆に強く批判するのでした。

そんなことがありながらも「わんぱく牛若丸」は仕上げまで完成。
打上げの席で天陽の兄・陽平(犬飼貴丈)と久しぶりに話したなつは、陽平から天陽がお見合いをすると聞き驚くのでした・・・。

なつと坂場、やはり関わりが増えてきたようですね。
そこへきて久しぶりに天陽くん登場。しかもお見合いをすると!

第10週でお互い気持ちに区切りをつけたとはいえ、お見合いをすると聞けば動揺してしまうのも当然です。

天陽くんは、なつの知らない誰かと結婚してしまうのでしょうか?

さて、天陽くんにもモデルと言われている実在の人物がいます。
その人物は「神田日勝(かんだにっしょう)」さん。
天陽くんと同じく、東京から疎開で北海道に移り住み、農業を継ぎながら身近な馬や牛を描いた画家です。

北海道鹿追町には「神田日勝記念美術館」があり、天陽くんを演じた吉沢亮も訪れたということなので、ほぼ確定でしょう。

その神田日勝さんは短命で、32歳という若さで病気のため亡くなっています。しかも、25歳で結婚し、2人のお子さんがいるのです。

史実どおりなら、天陽くんはお見合い相手と結婚することが濃厚なのではないでしょうか?

【なつぞら】あらすじとネタバレ(第13週)〜感想〜

最近影が薄くなっていた雪次郎、ついに彼にスポットが当たりましたね。

しばらく出てこない間に舞台への思いが強くなっていったのでしょう。見事役者になって、今後の展開にもっと関わってほしいところです。

そして天陽くん。
自分が描いたなつの肖像画を、なつへの思いとともに赤い絵の具で塗りつぶし涙を流すシーンが最後の出演でしたね。あのシーンで感動した方も多いのではないでしょうか?(わたしは泣きました)

まさか次の出演でお見合いをするとは驚きです。
結婚して家を継ぐのか。神田さんと同じ道を辿り、悲しい別れが待っているのか。今後の天陽くんが気になります。

以上、なつぞら第13週のあらすじとネタバレでした。

 

もし、見逃してしまった時、U-NEXTの無料トライアル版がとてもお得です。


動画視聴お試し体験できる大手動画配信サービスU-NEXTです。

31日間無料トライアルに申し込むと、特典として無償でもらえるU-NEXTポイント(1,000円分)を利用して、NHKオンデマンド・見放題パック(972円相当)を最大一ヶ月間、お試し体験できます。

見放題の映画、ドラマを多数配信中ですので、U-NEXTの無料お試しプランはかなりお得です。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました