バターピーナッツを食べ過ぎると危険?身体への影響や最適な摂取量とは

バターピーナッツを食べ過ぎると危険?身体への影響や最適な摂取量とは 食・ダイエット

お酒を飲む人であれば、ほとんどの人が食べたことがあるバターピーナッツですが、なかには美味しすぎて食べ過ぎてしまうことも。

おつまみとしてバターピーナッツを用意されていることも多いので、普段から口にする機会は多いですよね?

時にはバタピーなどと呼ばれることが多く、バタピー愛好家の方も多くいらっしゃると思います。

今回はバターピーナッツを食べ過ぎた場合には体にはどんな影響があるのか?

1日の目安の摂取量とはどれくらいが適正なのかについて解説しています。

この記事を読んで明日からバターピーナッツの食べ過ぎに気を付けてくれる人がいてくれたら嬉しいです。

スポンサーリンク

バターピーナッツを食べ過ぎてしまうと体に悪い?

どちらにしても食べ過ぎること自体が体には悪いと考えるほうがいいでしょう。

普段通り食べていたり、たまに食べ過ぎる場合には問題ないのですが、毎日食べ過ぎる事によって、余分な栄養以外も取ってしまうという事なので、体には何らかの影響が出る場合がほとんどです。

身体に悪いかといえばバターピーナッツの場合はそこまで体に悪いとはいえませんが、これから紹介する症状などが体に出てくる可能性はあります。

バターピーナッツの食べ過ぎで体にはどんな症状が起こる?

バターピーナッツの食べ過ぎで体にはどんな症状が起こる?
バターピーナッツは単品で売られていたり、乾燥したラーメンと一緒に入っていたりしますよね。

食べ過ぎた時に鼻血が出るなどの話は聞いた事もあります。

体にどのような影響があるのでしょうか?

消化不良とニキビ

ピーナッツ自体を検証してみると、食べた時に固く感じる人が多いと思います。

茹で落花生などと違って固さが特徴の食べ物ですので、バターピーナッツを尋常ではないほど食べ過ぎてしまった場合には消化不良を起こす可能性はあります。

場合によっては腹痛や下痢などの消化器系の症状が出る恐れもあり、輸入品の場合にはバターピーナッツの茶色の薄い皮にカビなどの異物が付着している事もあるようです。

バターピーナッツを食べ過ぎて鼻血が出るという話に関しては根拠がはっきりしていないので確実とはいえません。

昔から伝わる迷信とでもいえばいいでしょうか・・・。

一方ではニキビができやすくなるという話もありますよね。

バターピーナッツとは、名前の通りバターが使われているので脂質を多く含む食べ物です。

ニキビができた時に、つぶした事がある人はわかると思いますが、中から白いものが出てきますよね。

それこそが脂肪で、バターピーナッツに含まれる脂質が多いために食べ過ぎた場合にはニキビができやすくなるといってもいいでしょう。

カロリーとアレルギー

バターピーナッツはカロリーとしてはなかなかのものを持っています。

もともとナッツ系が持っているカロリーとバターが組み合わさるので100gあたり500calぐらいは軽く達すると思います。

バターピーナッツの食べ過ぎによって太る可能性が十分にあるといっていいでしょう。

それと同時に毎日食べ過ぎてしまった場合には、運が悪いとアレルギーを持ってしまう可能性があります。

バターピーナッツの最適な摂取量とは?

バターピーナッツの最適な摂取量とは?
バターピーナッツの最適な摂取量というのは明確には決まっていませんが、1日3分の1袋程度と言われています。

どの袋の3分の1?

100円均一や100円程度で売ってあるバターピーナッツの3分の1程度の量が最適ではないでしょうか。

少ないやん・・・。

と思われた方は、生の落花生を茹でるしか方法はありません。

生の落花生を茹でて食べる事によって、バターピーナッツを食べ過ぎるという心配はなくなってきます。

バターピーナッツがどんなに好きでもほどほどに

ここまでバターピーナッツを食べ過ぎた場合の体に対する影響について紹介してきました。

やっぱり人は誰でも好きなものはお腹いっぱい食べたいですよね。

しかし食べ物の中にはほどほどにしておかないと体に悪影響を及ぼすことも少なくありません。

体に異常が起きてから食べるのをやめようとしてもすでに手遅れです。

是非この機会に好きなものでも食べ過ぎる事を考え直してみましょう。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました