ルイボスティーはカフェインなし?妊娠中や赤ちゃんが飲んでも大丈夫?

ルイボスティーはカフェインなし?妊娠中や赤ちゃんが飲んでも大丈夫? 食・ダイエット

妊娠すると、お腹の赤ちゃんに少しでも悪影響がないように、食べ物にはとても気を使いますね。

特にハーブティーは子宮を収縮する作用をもつ種類があるので、今まで飲んでいた人は簡単に飲めずにストレスが溜まるかもしれません。

でも、妊娠中でも赤ちゃんに悪影響なく飲めるハーブにルイボスティーがあります。

ここでは、ルイボスティーがどうして妊娠中でも影響なく飲めるのか、効能などを含めてご紹介いたします。

スポンサーリンク

ルイボスティーはノンカフェイン!妊娠中や授乳中、赤ちゃんもOK!

ルイボスティーはノンカフェイン!妊娠中や授乳中、赤ちゃんもOK!

ルイボスティーが妊娠中や授乳中でも飲めて赤ちゃんにも影響がない一番の理由は、「ノンカフェイン」だからです。

では、妊娠中や授乳中にカフェインを摂取するのがどうしていけないのかというと、カフェインは1度取り込むと体外に排出されることなく、赤ちゃんが取り込んでしまうからです。

赤ちゃんがカフェインを体内に取り込んでしまうと、成長に悪影響が出る場合があるので妊娠中や授乳中は服用できません。

しかし、ルイボスティーはノンカフェインなので妊娠中や授乳中でも問題なく飲めるハーブティーとなっています。

ルイボスティーは美肌やアンチエイジング効果が期待できるって本当?

ルイボスティーは美肌やアンチエイジング効果が期待できるって本当?

そんな妊婦さんにおすすめのルイボスティーは様々な嬉しい効能を期待することができます。

・アンチエイジング効果
ルイボスティーには、活性酸素を取り除く効果が期待できます。
私達が老化になる最大の原因は、ストレスや老化で活性酸素が増えることです。
そんな活性酸素を除去する働きがあるため、アンチエイジング作用が期待でき美肌にも効果があります。

・便秘解消効果
整腸作用にもアプローチしてくれます。
ルイボスティーに含まれる成分の1つ、マグネシウムには腸内の水分を増やして排便を排出しやすくする作用が期待できます。

実際、私の娘がすごーく便秘だったんです。
色々試してもあまり効果がなく、ルイボスティーにたどり着いて少しずつ飲ませていたら本当に便秘が解消しました!

・血液サラサラ効果
血管を強くして血液をサラサラにする効果も期待できます。
例えば、体内で老化した血液がある場合は、ルイボスティーがその血管を元気にして新しい強い血管にしてくれます。
また、血液の流れもスムーズにするため、動脈硬化予防も期待できます。

・冷え性やむくみ改善効果
ルイボスティーの成分には、ミネラルやマグネシウム、カルシウムや鉄などと言った体に必要な成分が多く含まれています。
特に冷え性やむくみに良いミネラルは豊富に含まれているので、温かいルイボスティーを飲むと更に効果アップを期待できます。

・リラックス効果
ストレスが溜まると自律神経が乱れやすくなります。
ルイボスティーには、自律神経を整えてリラックスしやすい状態へと心身をもっていく作用が確認されています。

・抗アレルギー効果
花粉症やアトピーなどの皮膚症状を改善してくれるという嬉しい研究結果があります。
これは、ルイボスティーが持つ抗酸化作用によるものだと言われています。

ルイボスティーはカフェインなしだけど、カフェインはどんな作用なの?

ルイボスティーはカフェインなしだけど、カフェインはどんな作用なの?

最後に、カフェインは赤ちゃんに悪影響があるということは冒頭でお話しましたが、そもそもカフェインにはどんな作用があるのかご紹介いたします。

カフェインによる作用

  • 覚醒作用
  • 抗鬱状態
  • 自律神経の乱れ
  • 疲労回復の低下
  • 胃腸が弱くなる
  • 骨を弱くする

このような作用があります。

あくまでも過剰摂取した場合の作用になりますが、まだ器官が完全に出来上がっていない赤ちゃんにこれらの作用を少しでも与えるのは、妊婦さんとしては絶対にさけたいですよね。

ルイボスティーのカフェインについてのまとめ

ルイボスティーが妊娠中や授乳中、また赤ちゃんでも飲める最大の理由は「ノンカフェインだから」ということでした。

カフェインは、取り過ぎると悪影響が出ますし、1度体内に取り込まれると外に排出されません。

そのため、妊娠中や授乳中にハーブティーを飲みたい時にはルイボスティーが一番おすすめなのです。

以下の記事も参考にしてくださいね♪

ルイボスティーの飲み過ぎで下痢になる?副作用と効果的な飲み方!体質改善
健康に良いとされるルイボスティーは、飲み過ぎると下痢などの副作用がでることもあるって本当?ノンカフェインで飲みやすくても油断は禁物!ルイボスティーの副作用の症状や適切な一日の摂取量などをご紹介いたします。ルイボスティーで体質改善しましょう。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました