3歳児が12時過ぎでも寝ない、放置しても大丈夫?賢い寝かしつけ方法

子供・育児

日中、長い時間起きていられるようになる3歳児は、夜に寝ないこともしばしば。

規則正しい生活をしてほしい親としては、困っちゃいますよね。

そもそも3歳の睡眠時間ってどのくらいが平均なのでしょうか?

また、なかなか寝てくれないと寝かしつけを放置したくなりますが、これっていいのでしょうか?

ここでは、3歳あるあるの1つ「寝ない」ということに焦点を当ててみました。

スポンサーリンク

3歳児が寝ない時は放置しても大丈夫

3歳児を寝かしつけても寝ない時には、放置してみるのも1つの手です。
これはどうしてかというと、3歳になるとかなり学習能力が身につくからです。

「あれ?さっきまでいっぱい遊んでくれてたのに、お母さんが急に相手してくれなくなった」と思えば、「そうか、もう寝る時間だからか」と相手にしてくれなかった理由を繋げられるのが3歳の特徴。

また、3歳は我慢もできるようになる時期です。

「もっと遊びたいけど、仕方ないか」と遊ぶことを我慢することができるようになります。

だから、12時過ぎても寝ない3歳児はあまり相手にせず、放置してみましょう。

朝はしっかり起こす

しかし、夜寝る時間がいくら遅くなっても朝はしっかりと決められた時間に起こします。
きっと3歳なのでとても眠たいでしょう。

でも、この眠たいと分からせることが大切

「昨日の夜にお布団にいつまでも入らなかったから眠たいんだよ」ということを教えてあげればいいのです。

そして、お昼寝をほんの少しだけさせてあげ、お母さんが子供のリズムをまた整えてあげましょう。

3歳児の睡眠時間はどれぐらい必要?おすすめ時間帯は?

3歳で必要とする睡眠時間はおよそ10~13時間です。
そして、理想とされる睡眠時間帯は、

・起床・・・6時30分~7時
・お昼寝・・・13時頃から1、2時間程度
・就寝・・・20時~21時

です。

ちなみに、家の娘も3歳ですが、早生まれなので3歳になったと共に幼稚園に行っております。
幼稚園だと3歳でもお昼寝はありません。

そのため、私は6時30分起床→20時就寝としています。
これでギリギリ10時間くらい睡眠が取れている計算にしています。

日本の子供は睡眠不足!

日本の子供の睡眠時間は、他の国に比べて少ないことが研究から証明されています。

特に、共働きのご家庭だと、「21時や22時就寝でお昼寝なしなんて皆一緒」なんて思いがちですが、「寝ない」と思っている自分の子は、実はかなり睡眠不足に陥っているかもしれないことを認識したいものです。

3歳児が寝ない時の賢い寝かしつけ方法

3歳児が12時過ぎでも寝ない、放置しても大丈夫?賢い寝かしつけ方法

3歳で寝ないのには理由があります。

3歳児が寝ない理由

  • 寝る直前に興奮してしまった
  • ギリギリまでスマホやタブレットを見ていた
  • お昼寝が長すぎた
  • あまり疲れていない

こういう時には放置しても寝てくれません。
大人と一緒ですね。

そのため、3歳をすんなり寝かしつけるためには、

就寝30分~1時間前から静かにする
昼間の興奮、夕方兄妹と遊びまくって興奮している状態をしずめるために、寝る30分~1時間前は絵本を読んだり、布団に入ってお話したりして、ゆっくり過ごします。

テレビやタブレットは寝る直前に見ない
スマホやタブレットは、色々な器官の神経に刺激を与えます。
そのため、寝る直前まで子供に与えていると、布団に入っても刺激から全く眠れなくなるので与えません。

お昼寝を管理する
3歳の場合なら、遅くても15時までにはお昼寝を切り上げないと夜は元気いっぱいで寝てくれません。
体調が悪い時以外は、2時間以上のお昼寝は子供の生活リズムが崩れるだけなのでやめましょう。

適度に運動する
公園や児童館へ連れて行き、出来るだけ体を動かすようにします。
しっかり体を動かせば、夜も深い眠りにつきやすくなります。

3歳児が寝ない時のまとめ

3歳の子供の理想とする平均睡眠時間は、およそ10~13時間でした。
しかし、子供が寝ない時だってあるはず。

3歳児が寝ない時は放置してもかまいませんが、朝は時間通りにしっかりと起こして生活リズムを崩さないように親がお昼寝で調節してあげましょう。

タイトルとURLをコピーしました