50代のお肌の悩み

名古屋近郊【梅まつり2018】おススメはここ!アクセスや駐車場も

名古屋近郊【梅まつり2018】おススメはここ!アクセスや駐車場も

まだまだ寒さが厳しいですが、ちらほら梅の情報が聞こえてくるようになりましたね。

梅のいい香りが立ち込めている梅林は、一足お先に春を感じる事ができて「好き」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

梅の香りを胸いっぱい吸い込みながらのお散歩を楽しみたいですよね^^

名古屋近郊【梅まつり2018】おススメの厳選3か所はここ!

 

今回は、名古屋近郊の梅まつりを厳選して3か所、ご紹介しますね。

見頃はいつ?どこがいい?渋滞はするの?駐車場はある?気になるところを調べてみました。

また、おススメの梅祭りもご紹介しています。私も行きますので、どこかでお会いするかもですね♪

 

名古屋市農業センターしだれ梅まつり2018の見頃と開催情報

 

かなり知名度の高い名古屋市天白区にある「名古屋市農業センター」

2018年の梅まつりは、2月23日~3月21日まで開催されます。

梅祭りは、周辺道路が大渋滞します。昨年私も行ったのですが、駐車場に入るのに2時間かかりました(>_<)

来年はもっと早く家を出ようと思いました。9時から開園していますので早めに行ったほうが良いですよ♪

 

名古屋市農業センターしだれ梅まつり2018の見頃や開花状況

 

名古屋市農業センター「delaふぁーむ」梅まつりの開催日程

平成30年2月23日(金)~ 3月21日(水・祝)まで

梅の見頃時期:2月下旬~3月中旬

開催時間:09:00~16:30

住所:愛知県名古屋市天白区天白町大字平針字黒石2872-3

アクセス:【車の場合】名古屋第二環状道『植田IC』下車後、国道302号を走行し、県道56号を経由して約10分。

南側から来て「農業センター北」の信号を左折すると便利です。北側から来ると右折になり、なかなか入ることができません。

【電車の場合】地下鉄舞鶴線『平針駅』①②番出口南東へ徒歩20分。

【電車+バスの場合】地下鉄舞鶴線『平針駅』から市バス『地下鉄原』行きに乗車後、『農業センター北』で下車、徒歩5分。

駐車場:第一駐車場190台、第二駐車場34台収容可能な有料駐車場あり。一日500円。

渋滞:臨時駐車場もできますので、停めるところで困ることはありませんが、会場近辺は混雑します。

特に土日・祝日は混みます。お天気次第で変わってきますが、平日、もしくは早めに出発する、あるいは、ちょっと狭い道を走るとスムーズに進めます。

電話番号:052-801-5221

開花状況:FaceBookで更新されています。

名古屋市農業センターdelaふぁーむ動画

 

 

しだれ梅まつりの開催中には、「朝市」「新鮮な野菜の青空市」「野菜の収穫体験」「名古屋コーチン共和国」などあります。下のパンプレットを参考にしてくださいね♪

名古屋市農業センターしだれ梅まつり2018の見頃や開花状況

こちらをクリックすると、大きい画像が見れます。→こちら

 

敷地内には、牛や羊が放牧飼育されているので、小さいお子様づれの家族にも楽しめる場所ですね。

しだれ桜は有名ですが、梅には「しだれ梅」もあり華やかに花が咲きます。

無料で動物と触れ合うことができるので、あまり花に興味のない小さなお子様でも楽しめる名古屋市農業センター「delaふぁーむ」ですよね。

ぜひ~(^^)/

【愛知県植木センター】梅まつり2018の見頃と開催情報

 

毎年梅の開花時期に合わせて愛知県植木センターでは稲沢梅まつりが開催されています。

実は、私は毎年(10年以上)必ず見に行っていますので、ちょっとだけ詳しいです~(‘◇’)ゞ

母親と行くのですが、梅の種類も多く種類に合わせて開花時期も違いますので、梅まつりの開催期間は2日間ですが、それ以外の日でも入ることができます。

おまつりの日以外のほうが、空いててゆっくり梅を楽しめます。私は、梅の香りを楽しみたくて梅の期間は、2~3回行きます。

まつりの期間は、とてもにぎわいますがそもそも名古屋郊外ですので、車が渋滞して動かないというようなことは、ほんとにピーク時の2~3時間です。

お祭りのピークの時間帯は、稲沢市役所に停めてシャトルバスを利用できますので、そちらが便利かもしれません。

係の人が誘導してくれますし、あちこちに看板もありますので、安心して出かけられると思います。

第12回いなざわ梅まつり

愛知県植木センター いなざわ梅まつりの開催日程

平成30年3月3日、4日

梅の見頃時期2月下旬~3月中旬

開催時間:09:00~16:30

住所:愛知県稲沢市堀之内町花ノ木129

問い合わせ先:稲沢市観光協会

アクセス:【車の場合】名古屋第二環状道『植田IC』下車後、国道302号を走行し、県道56号を経由して約10分。

南側から来て「農業センター北」の信号を左折すると便利です。北側から来ると右折になり、なかなか入ることができません。

【電車の場合】地下鉄舞鶴線『平針駅』①②番出口南東へ徒歩20分。

【電車+バスの場合】地下鉄舞鶴線『平針駅』から市バス『地下鉄原』行きに乗車後、『農業センター北』で下車、徒歩5分。

駐車場:愛知県植木センターには150台の駐車場があります。

まつり期間は、たったの2日間ということもあり、この2日間は混雑が予想されます。

渋滞を緩和するために、稲沢市役所の駐車場が無料開放されているので、そちらに駐車して無料シャトルバスで祭り会場の愛知県植木センターに向かう事ができます。

渋滞:まつりの2日間は、駐車場がいっぱいになりますので、混むというより停められないという感じです。

その場合は、稲沢市役所に停めていただき、無料シャトルバスで会場まで来れます。無料シャトルバスは、20分間隔で運行されています。乗車時間も20分ほどです。

 

【御三家が揃う名古屋城】梅まつり2018の見頃と開催情報

 

吉宗くん

吉宗くん

はち丸くん

はち丸くん

 

徳川御三家名古屋城で勢揃い

たったの3日間だけのお祭りですが、趣向をこらした内容となっていますので、こちらもおススメです。

また、お祭り以外の日のほうが空いていて梅を楽しめますので、梅が見たい方は、お祭りをあえて避けるというのもありです♪

名古屋城梅まつりの開催日程

2月21日(金)~23日(日)

梅の見頃時期:2月下旬~3月中旬

開催内容:徳川御三家で梅の名所でもある水戸(水戸市)と紀州(和歌山市)を名古屋城 に迎え、梅の花とともに観光PRや特産品販売などを行います。

アクセス:【車の場合】

名古屋高速1号楠線 「黒川」 出口から南へ8分
名古屋高速都心環状線 「丸の内」 出口から北へ5分

【電車の場合】

  • 名城線 「市役所」 下車 7番出口より徒歩 5分
  • 鶴舞線 「浅間町」 下車 1番出口より徒歩12分

【市バスの場合】

駐車場:普通車 30分ごとに180円

渋滞:駐車場も広いですし、観光バスを利用されている方も多いです。桜まつりと違って梅の時期は、まださほど渋滞がありません。

 

今回は、地元名古屋人の私が厳選して選びました。ぜひ楽しんできていただけると嬉しいです。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。
お読みいただきましてありがとうございました。

関連記事

  1. 名古屋県民がおススメする 絶対欠かせないお土産

    名古屋県民がおススメする2018年の絶対欠かせないお土産はコレ!

  2. 名古屋の堀川を屋形船でゆったり花見クルージング!格安で人気はここ!

  3. むくみと便秘!生漢煎(防風通聖散)を実際に試してみた!

    むくみと便秘!生漢煎(防風通聖散)を実際に試してみた!

  4. オールインワンジェルなら50代の乾燥肌悩みと時短におススメはコレ!

    オールインワンジェルなら50代の乾燥肌悩みにピッタリ!特におススメはコ…

PAGE TOP