しいたけは洗うの?洗わない?元栄養士が教えちゃいます!

スポンサーリンク
しいたけは洗うの?洗わない?元栄養士が教えちゃいます! 食・ダイエット

野菜を生で食べる場合には、きれいに水洗いをするのが基本ですが、しいたけはどの程度水洗いをしたほうがいいのでしょうか?

人によってはキレイに汚れをとる人もいれば、汚れをとらずにそのまま焼いて食べる人もいます。

基本的にしいたけはバラ売りはあまりされておらず、パックに詰めて販売されているので汚れが目立たない事がほとんどです。

しかし表面には白い粉みたいなものが付いていることも気になります。

もしかしたら洗わないほうが栄養価が高かったりするのでしょうか?

この記事では、しいたけを洗う場合と洗わない場合の栄養価の違いや、しいたけの汚れをきれいに取る方法についてまとめてみました。

スポンサーリンク

しいたけは洗うの?洗わない?どっち?

しいたけは洗うの?洗わない?どっち?

しいたけは基本的に自然栽培されるもので、農薬等が全く使われていないため洗う必要はありません。

しいたけを水で洗うことは、風味やうまみが少なくなる事に直結していると考えてもいいでしょう。

表面についている白い粉みたいな胞子に疑問を持つ方もいますが、結果的に熱を加えるので気にする必要はありません。

どうしてもきのこ類なので、表面の白い汚れや黒ずみが気になる方は洗うほうが安心して食べる事ができます。

しかし現在では工場の衛生環境も良くなり、滅菌処理などの技術も進化しているため食中毒になる事はほとんどありません。

お店で販売されているしいたけを洗わずに生で食べた場合でも、健康な人であれば食中毒になる事は少なく、完全に食あたりする状態の場合には腐敗臭や変なにおいがします。

山菜狩りなどで見つけたしいたけに関しては、いくら自然栽培とは言えども環境などに違いがありますので、火を通したほうが安心です。

店などで販売されている水分を多く含んでいるしいたけであれば、焼いている途中に裏側や表面に水分が浮き出てくるとだいたい食べごろと言われていますので、水分を目安に焼き上がりを判断しましょう。

スポンサーリンク

しいたけの汚れを取る方法

しいたけの汚れを取る方法

どうしてもしいたけの汚れが気になって汚れをとりたい場合には、水で洗うのではなく、汚れを軽く落としてからペーパーやふきんで汚れを軽く落とす程度にしておきましょう。

水でザバザバと洗ってしまう事で、風味や栄養はもちろん、味まで落ちてしまう事も考えられます。

それでは原木栽培などにより、虫が表面についていた場合はどうでしょうか?

誰でも表面に虫が付いているしいたけを食べると考えると、ちょっとそのまま焼いて食べるには抵抗感があります。

しいたけの表面に虫が付いている場合にはキッチンペーパーなどで水ぶきするのが1番いい方法ですが、どうしても抵抗がある人は水で洗うか塩水に10分程度漬け込んでおくことによって虫が水に浮いてきます。

スポンサーリンク

しいたけの栄養や効能は?

しいたけの栄養や効能は?

しいたけといえばよくお味噌汁や出汁、塩焼きやチーズ焼きなどの料理をする機会が多い高級食材ですが、ここではしいたけに含まれる主な栄養成分や効能効果について解説していきます。

しいたけにはグアニル酸という三大うまみ成分の1つが含まれていることが有名で、そのためお吸い物の出汁や、和食の出汁として使われる場合が多く、しかもおいしいので家庭でも幅広い料理に使われています。

さらにグアニル酸は血小板が集まるのを防ぐ効果があるため、血管が詰まってしまう血栓を予防する効果があります。

しいたけに多く含まれる栄養素としては、多く含まれるビタミンB群の他、βグルカンやビタミンD、エリタデニンなどが含まれており、日常からしいたけを体内に摂取する事で、健康的な毎日を送れます。

それでは各栄養素や効能効果について解説していきます。

βグルカンとは

βグルカンとは食物繊維の1種で、主に便秘の解消や腸内の善玉菌を増やし、腸内の環境を整える効果があるといわれており、女性で便秘の悩んでいる方は多く、しいたけを毎日に食べることで日常的な便秘が解消されるかもわかりません。

医薬品ではβグルカンはがん治療用として用いられるほどの成分で、しいたけの他に有名なアガリクスなどに多く含まれています。

ビタミンDとは

ビタミンDとは有名なビタミンの1つで、体内でのカルシウムやリンの吸収を促進する働きがあり、主に骨粗しょう症に効果があると言われています。

ビタミンDとは日光に当たる事で生成される栄養素で、日光にあたるのが苦手な方や、紫外線が気になって外に出れない方はビタミンDを多く含む食品として、しいたけもある事を忘れないでください。

エリタデニンとは

エリタデニンとは、前に説明したうまみ成分のグアニル酸と同じように、血管に対していい効果を発揮します。

エリタデニンはコレステロールを抑制する効果があり、日ごろから油ものばかりをとっていて、コレステロールが気になる方には有効な成分といえるでしょう。

エリタデニンは、高脂血症や高コレステロールなど、普段の食生活において生じる病気を予防する事ができる成分の1つですので、ぜひしいたけで出汁をとったお吸い物や、料理の付け合わせに使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

しいたけは洗うの?洗わないの?【まとめ】

ここまでしいたけを洗ったほうがいいのかという疑問について解説してきましたが、しいたけは洗わなくても食べる事ができると初めて知った方もいるのではないでしょうか?

時代が進むにつれて技術の進歩、衛生環境の改善により洗わなくても焼くだけで食べれるしいたけが生まれたことは間違いありません。

しいたけの代表的な成分や効能効果についても紹介してきましたが、紹介した以外にもしいたけには多くの成分や効能効果がたくさん含まれています。

しいたけ洗うことでしいたけの栄養価やうまみが落ちるのであれば、極端に落ちることはないにしても、できるだけ洗わずにしいたけを使ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました